釣り大会前日に50UP捕獲!バスが集まるパラダイスポイントを発見か!? 2018年3月23日

2018年3月24日「南湖」釣果報告

南湖東岸で釣った50アップ

釣り大会前日のプラクティスとして今夜も出撃。

南湖の実績ポイントを軽くチェックしてから北湖東岸へ。どこを撃っても異常がなく、釣れる気がしなくなってくる。

最後の望みをかけて訪れた南湖東岸の某ポイントで奇跡の50UPを水揚げ。明日の本番に繋がる釣果を上げることができ、明日への弾みとなった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年3月23日(金) 22時頃〜2時半頃
  • 南湖東岸 北湖東岸
  • 今年36回目の釣行

南湖ではなく北湖を攻めるという作戦

いよいよ明日は月一回の琵琶湖釣り大会。前回優勝者である小生は、もちろん参加予定である。

さて、ここ最近の釣果から割り出した作戦は、「南湖は諦め、北湖で釣る」。これである。

南湖ではここ最近全く反応がないため、南湖での釣りは諦める。代わりに一発で勝負を決めるデカバスを北湖東岸で仕留める。こんな作戦である。

今夜は早めの出撃。子供たちがトイストーリー3に夢中になっている中、静かに出撃した。

諦めると言いつつ南湖東岸の実績ポイントを軽くチェック

最初から北湖東岸へ行く予定だったが、やはり気になるのは南湖東岸の実績ポイント。

簡単にチェックだけするため、実績ポイントへ向かった。

あちこちの駐車場は車多めだったが、このポイントでは先行者は無。ダウンショットで軽くチェックしていく。

風はやや弱、湖面はパチャパチャしており釣れそうないい雰囲気。

しかし、ここでは反応なし。状況は変わっていないのか?

当初の予定通り、南湖は諦め北湖東岸へ向かった。

ポイントに入る時間を変えてみたが異常なし

いつもは最北端ポイントまで移動してから、南下していたが、今夜は逆パターンを採用。

まずは一番南のポイントへイン。ダウンショットでネチネチ探っていく。

場所によって湖面がうねっているところと、鏡になっているところがある。そんな境目などに撃ち込んでみたが異常なし。

レンジの上中下も変えつつ探ってみたが、この日も異常なし。なんでやねん。リズムが違うのか?

仕方がないので次のポイントへ向かうため北上した。

最北端ポイントをいつも以上に丁寧に探ったが無

最北端ポイントへイン。道中の気温表示によると気温3℃。寒い。吐く息が白い。

いつも以上に丁寧に探りを入れる。気温が低いので琵琶湖からは湯気が上がっている。

こんな日はボトムが狙いどころか?と思いつつも、デカバスにはあまり関係ないだろうと考え、あらゆるレンジを探って行く。

ここでも湖面がうねっているところと、静止しているところがある。うねっている方にデカバスがいるはず、ということでうねっている方を中心に探ってみた。

しかし非常にもここでも異常なし。最近北湖東岸で魚を見かけない。なぜだ???やり方が間違っているのか???

同時刻に南湖東岸で釣りをしているO氏は、55UPを華麗に水揚げした模様。やはり南湖なのか???

新規開拓してみたが、なんだか違う

時刻は1時頃。帰りたくなってくる。

しかし、わざわざ北までやってきたので、新規開拓して見ることとした。

まだ行っていなかった場所があったので、そのポイントへイン。あたりは真っ暗。星空が綺麗である。もちろん誰もいない。

暗闇の中湖岸に近づいて行く。もうこの頃には風は止み、静かな琵琶湖。波はうねっているので釣れそうではある。

そんな琵琶湖にダウンショットをキャストしていくが、反応なし。というか、なんとなくこのポイントは違う気がしてきた。水がひどく濁っており、あまり長居する必要はなさそうな感じ。

もうどうしたらいいのか分からなくなって来たレヴェル。釣れそう気がしないレヴェルである。

気持ち的には、もう帰りたい。しかし釣って帰りたい。この複雑な心境の中、最後にもう一度南湖東岸をチェックしてみることにした。

南湖東岸の某有名ポイントで奇跡の1匹

最近来ることのなかった南湖東岸の某有名ポイントへイン。

時刻は2時頃。誰もいない。

貸切状態の有名ポイントを一人探索していく。濁っており水質はあまり良くない。

はっきり言って釣れる気はしなかったが、丁寧探ってみたところ奇跡が起きる。

突然グーッと穂先が重くなる。どうやら食っているらしい。少し送ってからフッキングするとぼちぼちサイズがバシャバシャ。なかなか寄ってこなかったが難なくキャッチ。

南湖東岸で釣った50アップ

奇跡の50UP。ツイキャスでミラクルジムの話をしていたら釣れた笑。

南湖東岸で釣った50アップ

54cm 2700g。重さはいまいち。けど釣れたので良し!

ここはパラダイスポイントなのか?

50UPがとれたので、ここで終了してもよかったが、目的はあくまで明日の釣り大会のプラクティス。

状況確認するために2時半まで釣りをすることとした。

引き続きダウンショットを撃ち込んで行ったところ、軽快な「コンッ」バイト。しかし30cmくらいのバス。

南湖東岸で釣った小バス

さらに続けるとまたもや「コンッ」バイト。こちらは35cmくらい。

南湖東岸で釣った小バス

サイズはともかく、ここにバスは集まっているのか?パラダイスポイントなのか?

その周辺を探索したが反応なし。2時半になったので終了とした。

明日の大会は期待できるのか!?

大会前日のプラクティスとしては上々の結果を残すことができた。

54cmでは優勝は難しいかもしれないが、釣れるイメージをもてたことが収穫である。

今回のパラダイスポイントを軸に、明日は大会で結果を残せるよう全力を尽くす所存である。

それにしても北湖東岸で釣れないのはなぜか?あまり何箇所も移動しまくるのではなく、1箇所だけを集中的にやって行った方がいいのだろうか?今後の課題とする。

ともかく、明日の大会につながる魚を釣ることができたので、明日は大会2連覇を達成したいと考えている。

諸君の応援をよろしくお願いする。