釣りをしながら何を考える?安定した釣果のためにできること 2018年4月22日

考える女の子

前日の釣り大会優勝の余韻が残る中、今夜も出撃を決行。

昨日の50UP×2匹の結果を偶然の出来事で終わらせないことを目的とした釣行。

しかし何かが違ったようだで、ギルバイト1回だけで終了。

釣りをしながら何を考えるのか?安定した釣果を残すために何ができるのかを考えてみた。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年4月22日(日) 22時半頃~2時過ぎ
  • 北湖東岸エリア
  • 今年56回目の釣行

安定した釣果を目指すための検証釣行

昨晩の釣り大会優勝の興奮さめやらぬ中、今夜も出撃を決行した。

ポイント選択に成功か!?琵琶湖釣り大会2度目の優勝 50UP×2

少々眠気があったため自宅待機する予定だったが、小生は修行中の身。安息のときは無い。

昨日の50UP×2匹という釣果を偶然の出来事に終わらせず、再現できるにはどうすればいいのかを検証するために出撃した次第である。

暖かい家庭を後にし、父は今夜も北湖東岸を目指した。

昨晩釣れた場所を巡回

まずは昨晩釣れた場所へ向かった。

早めの到着で22時半頃から釣りを開始。

昨日はここで1時過ぎに50UPを水揚げしている。釣りをする時間が大きく違うが、まずはここからスタート。

いつものダウンショット釣行。風はほぼないが湖面はゆらゆら状態。

今夜は他にも数ヶ所のポイントを回る予定だったため、軽めに探りを入れていく。

これまで釣れたポイントだけは丁寧に探りを入れてみたが反応無し。

安定のノーバイト。次のポイントへ向かった。

久々に訪れたポイントは生命感十分

次に向かったポイントは久しぶりのポイント。

転倒して愛すべき「16ヴァンキッシュ」に傷をつけてしまった忌まわしきポイントである。

早春の北湖東岸で私じゃないけどロクマルが釣れたという話 2018年3月2日

「安全第一」とつぶやきながら釣りをスタート。

この周辺は濁りがあまり入っていない模様。

このポイントでは適度な風が吹いている。

そのせいなのか生命感が十分。あちこちで魚がバシャバシャしている。

「うぉ!釣れそう!」と興奮しつつ探ってみたが、異常はない。

魚が跳ねているから釣れるというわけではないのである。

最北ポイントまで来てしまったが異常なし

次のポイントへ移動。

今夜は1時には北湖東岸を離脱する予定で、来たまで行くつもりはなかった。

しかし、安定した釣果検証のためには同じ場所で釣りをする必要がある。

やむなく小生にとっての最北ポイントへイン。

いつもどおり無人。さらには期待のシラサギも不在。シラサギがいないと釣れる気がしない。

時刻は0時半前。急がねばならない。

水質はそれほど変化無いが濁っている状況。やや風が吹いており、水も流れている。

水の流れを意識しながら、風表、風裏ともに探ってみたが異常なし。

前夜に釣れた場所は丁寧に探ったが反応無し。

昨日の釣果はたまたまか?それとも探り方が悪い?

やはり課題は多いようである。

最初のポイントに戻ったがギルバイトだけ

時刻が1時を過ぎた。そろそろ南下する必要がある。

しかしこのまま帰るわけには行かないので、最初のポイントに戻って最終チェックしてから帰ることとした。

相変わらずポイントは無人。貸しきり状態の中、周囲一帯にダウンショットを投げまくる。

時間的には昨夜釣れた1時以降の時間帯。

期待の実績ポイント周辺でバイト発生。

おっしゃきたーー!と興奮したのもつかの間、「ブルブル、ブルブル」という感覚を残してどこかへ消えた。

どうやらブルーギルだった模様。ギルの活性が高まりだしてきたのか?

そういえば前夜も今夜もブルーギルが泳ぐ様子を目視している。

ギルバターンという作戦も今後ありなのか?

その後は何もおこらず時間だけが経っていく。

軽めに探って終わるつもりだったが、気が付くと2時を過ぎている。

何も起こらずこのままで帰りたくなかったが、業務が休みというわけではない。6時半には起きなければならない。

そんな社会の縛りごとに服従し、2時過ぎに退散することとした。

釣りをしながら何を考える?

こんな釣れない日記だけで終わると意味が無いので、役に立つかもしれないことを書いておく。

諸君は釣りをしながら何を考えているだろうか?

ルアー(ワーム)の動き?ルアーがどのあたりを泳いでいるか?それとも無の境地?

気分リフレッシュを目的としている場合は「無の境地」もありだろうが、それでは釣り上達は難しいだろう。

キーパーサイズ55cmを公言している極悪非道の釣り師「H」氏の場合は、狙っている場所の水深がどうなっているのか、ボトムの状態がどうなっているのか、そんなことを意識しながら釣りをしているらしい。

小生の場合は、ルアー(ワーム)が水中でどうなっているのかを考えて釣りをする様に心がけている。

つまりどんな速度で、どんな動きをしながら、水中のどのあたりに位置しているのかを妄想しながら釣りをするということ。

「ルアーの色や大きさなどを気にしている暇があったら、水中のことを考えた方がいい」という先人の考えを踏襲したものである。

これに加え、魚がどっちを向いているのかも最近意識している。

一般的に「魚の後ろからやってくる物体に魚は反応が良い」らしい。これは北湖の雄「K」氏も言っていた。

さらに、基本的に魚は水流の上流側を向く習性がある。

これらを組み合わせると、上流に向かってルアーを動かせば魚からの反応は得られやすいということになる。

水面の流れと水中の流れが必ずしも一致しているわけではないだろうが、頭の片隅においておくと役に立つときが来るかもしれない。

適当にルアーを投げて、ぼーっとしながらアクションさせて、何となく巻くよりは、何か考えて釣りをした方が、釣果はあがるのではないだろうか?

ラッキーフィッシュハンターからのメッセージである。諸君の参考になれば幸いである。