南湖西岸をバイブレーションで地形探索!テキサスリグも試した 2018年5月16日

メタニウムDCとTDバイブレーション

東岸全域に見切りをつけ、この日は南湖西岸へ出撃。

殉職覚悟でバイブレーションによる地形探索を行った後、怪しい箇所をドライブクローのテキサスリグで狙い撃つ作戦。

予定通りバイブレーションを殉職した後、テキサスリグでねちねち探ってみたが異常なし。

しばらくこのパターンで行くのか?要検討である。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年5月16日(水) 23時半頃~2時半頃
  • 南湖西岸エリア
  • 今年67回目の釣行

東岸を見切り、南湖西岸エリアを開拓

5月に入ってからというもの、まったく何も釣れていない。なんでやねん。

腕には間違いないので、出撃先の東岸に問題があるとしか考えられない。

現に、先日東岸へ出撃した際は鳥白湯を髣髴とさせる白濁り状態であった。

南湖東岸でウェーディングしてデスアダーとアノストレートを投げてきた 2018年5月10日

どうせ釣れないのであれば、普段行かない場所で、普段やらないことをやってみようと考え、この日は目的地を南湖西岸に設定したのである。

南湖西岸エリアから選択したエリアは、某有名ポイント。

2年前の日中に2回ほど行ったことがあったが、あまり良いイメージが無かったのでそれ以来寄り付くことは無かったポイント。

しかしながら魚影が濃く、地形変化も豊富なポイント。

良くないイメージはいったん無視し、出撃を決意した。

今夜の作戦は地形探索+一箇所集中

23時頃に現地着。先行者多数なご様子。さすが人気ポイント。

虫が大量にわいている中、準備を整える。このポイントに来るのであれば、虫除けが必須なようである。

そして気温が高く20℃ほどある。南から風が吹いているのでそれほど暑さは感じないが、生ぬるい。

さて、今夜の作戦は、「バイブレーションによる地形探索を行った後、怪しい箇所をテキサスリグでネチネチする」こととした。

このポイントに来るのは今回が3回目。どこがどうなっているのかさっぱり分からない。

適当に投げても釣れる可能性は低い。釣れたとしてもなぜ釣れたか分からない。

ということで、ボウズ覚悟でこの周辺の地形探索を最優先することとした。

実は先日、北湖東岸の甘党「K」氏がこんなことを言っていた。

「適当なバイブレーションを投げて沈み物を探して、そこをネチネチしたらええんちゃう?」

これを今夜実行に移す次第である。

まぁ、言われる前からやろうと思っていたのである。

ポイントを2箇所にしぼって探索開始

タックル準備中のライントラブルと虫の襲撃を乗り越え、ポイントへイン。

地形探索をしていくのだが、一晩で全エリアを探索するのは無理。

よって探索ポイントを2箇所に絞ることとした。

一箇所目は全体的に浅めのワンド状。

地形探索は着水から着底までのカウントダウンと、ボトムのずる引きでおこなうので、殉職してもよいルアーを選定。

選んだのはぼろぼろの「ダイワ TDバイブレーション106S」と思われるバイブレーション。

メタニウムDCとTDバイブレーション

とりあえずあちこちにキャスト開始。

着水後、ラインを張った状態でカーブフォールで着底させる。

着水から着底までは4秒から5秒くらい。ということは、水深は1mくらいか?

大きな水深の変化はみられない。

というか、水深チェックはTDバイブレーションよりTNシリーズの方が良かった気がする。

TNも持ってきが、殉職が怖くのでTDバイブで続行。

着後はゆっくりボトムをずる引きしてくる。

バイブレーションのずる引き、素人にはオススメできない。

底質は泥か?くさったようなウィードが絡まってくる。

一箇所だけ、ごつごつした感触の場所。小石が混ざった砂地のような感触。

他と大きな違いがあるのはここか?狙うとしたらここか?

いったん次の場所へ移動。

2箇所目は岩がゴツゴツ、攻めすぎて殉職(泣)

2箇所目は見た目に岩がゴツゴツしているポイント。水と風があたっていていい感じ。

バスは岩の陰に潜んでいるに違いない。

ひとまず岩はおいといて、地形確認。

着水から着底までは7秒から8秒くらい。水深は2mくらいか?

さっきとぜんぜん違う!

ここでも素人におすすめできないバイブレーションによるボトムずる引き。

相変わらず腐ったウィードが絡まってくる。

狙いどころはやはりゴツゴツした岩か?

果敢にも岩周辺もずるずる引いてくる。

少し沖の方まで岩が入っているラインがある。ねらい目はここか?

そしてそのときはきた。

調子にのって岸際の岩ゴツゴツゾーンを攻めていたところ、ガッツリ根掛り。

なんとか回収を試みたものの、殉職。さらばTDバイブレーション!

殉職してもいいルアーではあったが、若干テンションが下がる。

ドライブクローのテキサスリグで狙い撃つ

若干テンションが下がったところで、テキサスリグにチェンジ。

ここまでの地形探索によって確認できた狙うべきピンスポットで、テキサスリグをネチネチするのである。

使用するワームは「O.S.P ドライブクロー3インチ」。本当は4インチがいいのだが、3インチしか在庫がなかったのでこれを採用。

ドライブクローのテキサスリグ

シンカーは1/4oz(7g)、フックはオフセットフック#1/0を採用。

こいつを変化が感じられた場所へ投げる。

まずは一箇所目。

はじめはボトムバンピングで様子見。

チョンチョンと2~3回しゃくってステイ。ステイは5秒から10秒くらい。

はい、異常なし。

その後はボトムをずる引き。

何かに当たるまでずる引いてステイ。

はい、異常なし。

2箇所目へ移動。

はい、異常なし。

なんの反応も得られず時間が過ぎ去っていく。

くやしいので2時半頃まで粘ったが、狙いどころが間違っているか、釣り方があっていない模様。

バイブレーション乱打も検討したが、それで釣れても意味が無い。

水があたっている岬状エリアも撃ってみたが反応なし。

くやしさで胸をいっぱいにして愛する家族のもとへ帰還した。

ゴミが多すぎるんやないか?

人気ポイントのせいだろうか?ゴミがよく落ちていたのが気になった。

普通に長いラインの切れ端が落ちてるし。

足に何かひっかかったと思ったら、木にからまったライン。

木にからまっていたライン

誰かが引っかかって転倒するかもしれないので、ラインは手元で切らずに回収しないとだめだよ!

回収率が高くて簡単に根掛りが外せる方法とは!?手元でラインは切ったらだめ!

いろんな人が出入りしているらしいこのポイント、通い込むかどうかは要検討である。