朝からギル祭り!ヤマセンコー 2インチは最強ワームだった 2018年5月19日

ヴァンキッシュとブルーギル

前夜は雨により出撃を見送り。

翌朝はなぜか早朝に起きることができたので、朝マズメ狙いで琵琶湖へ向かった。

完璧なロジックに基づくルアーローテーションを展開したが、非常にも無。

伝家の宝刀「ヤマセンコー 2インチ」のノーシンカーワッキーを解禁したところ、小バスとギル祭りのスタート。

清々しい朝であった(涙)

釣りに行った日時・場所

  • 2018年5月19日(土) 5時半過ぎ〜8時頃
  • 南湖西岸エリア
  • 今年68回目の釣行

勝手に目が覚めた

金曜日の夜は必ず出撃するのだが、前日は夜からきつめの雨が降るとのことで、出撃は見送った。

愛する家族からは、

「なんで家にいるん?」

「邪魔やから早く行ってこい」

という温かいお言葉を頂戴し、小生は眠りについた。

翌朝、というか今日の朝は4時半過ぎに目がさめる。

お、朝から出撃できるやん!と思ったが、面倒な気もする。

しばらく布団でウダウダしながら長考。

とりあえず行ってみることにした。

ダウンショットの殉職からスタート

あまり長時間はできないので、行き先は南湖に設定。

東か西か?ここでまた長考。

東の濁りは解消されているのだろうか?見に行くべきか?

いや、面倒だ。朝はゆるくやろうじゃないか。

というわけで、西を選択。海釣り公園のような場所へイン。

5時半過ぎに現地着。家から30分もかかっていない気がする。

釣り人はポツポツといるご様子。

風はあまりなく、湖面はざわざわ。

そんな中、小生が選んだのはダウンショット。ダウンショットなら何か釣れるだろうという甘い考え。

その第1投目、沖には投げずに足元の護岸沿いにキャスト。

華麗に根掛かり。いきなりの根掛かりでテンションが下がったが、なんとか復活。

第2投目、ちょっとだけ沖方向へキャスト。

またもや根掛かり。外れない。そして殉職。

開始五分で殉職。もう帰りたい。

マンメイドしか愛せない

せっかく来たので続行。

次に選んだのは、最強トップウォータープラグ「POP-X」。

ヴァンキッシュとPOP-X

今年もお世話になりますPOP-X!!

夏のトップウォーターゲームで良型バス捕獲 2017年7月28日

前日は雨、そして今朝はローライト。トップで出るかもしれない。

やや波立っているので水面下へのアピールは弱いか?

しばらく投げ続けたが異常なし。

というか、何もない沖に投げているだけでは釣れる気がしない。

何かターゲットを定める必要がある。

近くにあるマンメイドストラクチャー付近へ移動し、そこへ目がけて投げる作戦。

まだこの方が釣れる気がする。しかし異常なし。

やや風が強くなってきたので、ルアーチェンジ。

アノストレートのネコリグである。

マンメイドの根元付近にキャストして、ネチネチする。

多分魚はいるのだろうが、反応なし。

昨晩から今朝までの雨のせいで水温が低下し、活性が低くなっているのか?

体力のあるデカバスが釣れてくれればそれでいいのだが・・・

ボトムと中層を狙ったが異常なし

ネコリグに飽きてきたので、次はライトテキサス。

「ゲーリーヤマモト カーリーテール4インチ」のライトテキサスで、ボトムをズルびき作戦。

底質が変化するあたりがブレイクか?その辺りを念入りに探ってみたが異常なし。

お留守ですか?

表層、ボトムを攻めたので次は中層を狙う。順番が違う気がするが気にしない。

中層狙いでご登場いただいたのは「O.S.P アシュラSP」。

ヴァンキッシュとアシュラ

ただ巻きとトゥイッチを駆使して中層にサスペンドしているデカバスを狙ったが異常なし。

土曜日だからバスさんもお休みなのか?

よーし、パパ、ヤマセンコー2インチ投げちゃうぞー

琵琶湖のバスは小生を怒らせてしまったようです。

よーし、パパ、ヤマセンコー2インチ投げちゃうぞー!

ということで、ヤマセンコー2インチのノーシンカーワッキー。

いざという時用に持ってきた代物。使用するのは2年ぶりか?

ヤマセンコーのちょうど真ん中にフックを刺すのがコツ。

これをマンメイドストラクチャー付近にキャスト。

リフトアンドフォールでバスを誘う。

すると根掛かり。ん?動いてる?

南湖西岸で釣った小バス

(未来の)デカバスであった。何気に5月の初バス(涙)。

ヤマセンコー2インチはエサなのか?

反応がなくなったので場所移動。

ここからギル祭りが始まる。祭りと言っても3匹だけ。

南湖西岸で釣ったブルーギル

気がつけば引いていたという感じ。

水中まで続いている護岸の終わりのあたりでバイトが出ている模様。

やはりその周辺に魚が集まりやすいのだろう。

ヴァンキッシュとブルーギル

デプスのブルーシューターのモデルとなったブルーギルという生き物である。

ライブベイト作戦を発動してやろうかと思ったが、時間があまりなかったのでこの辺で終了。

ファミリーフィッシュングには最適な時期か?

来月で5歳になる息子を連れてくるにはいい季節だと思料。

今日は寒かったが外出するには良い気候、そしてギルが入れ食い。

エサ釣りなら無限に釣れるのではないだろうか?

問題は息子が女子系だということ。シルバニアファミリーが大好きなのである。

そして引きこもり系。家でゴロゴロするのが好きなのである。

つまり、釣り好きの息子に育てる必要があるということ。

そんなことを考えながら、冷え切った家庭に帰還する小生であった。