バイブレーションでウィード探索して生えている場所を確認した 2018年6月14日

2018年6月16日

湖西エリアで釣ったブラックバス

昨夜のウィード狙い釣法に再現性があるのかを確認するため、この日も湖西エリアへ出撃。

昨夜とは別方面を探索したところ、かなりの量のウィンドを確認。

釣果は小バス1匹。同じウィードでも魚がつくウィードを見極めなければならないようだ。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年6月14日(木) 22時半頃〜2時頃
  • 湖西エリア
  • 今年80回目の釣行

バイブレーションでウィードを探索する

昨晩は沖のウィード周りをネチネチすることで4月以来の50UP捕獲に成功。

https://biwakobass.com/fishing-report-2018-06-13/

たまたまだったのか?それとも再現できるのか?

それを確認するために今宵も出撃を開始した。

22時半頃に現地着。風無しだか湖面はザバザバしており、見た目は昨晩と同じような状況。

まずはウィード探索を開始することとした。

選んだルアーは「ジャッカル TN70」

ジャッカル TN70

こいつでウィード探索を行い、見つけたウィード周辺でネチネチするという流れ。

このTN70はフロントフックだけダブルフックにしている。

このエリア周辺は底がゴロゴロしているため、根掛り対策をしておかないとすぐに根掛かってしまうのである。

ということを、昨年の今の時期にやっている。

バイブレーションを巻き続け探索調査継続(2017年7月7月084)

これでウィード探索を開始した。

開始2投で2殉職

颯爽と湖岸へ向かい、TN70をフルキャスト。

が、琵琶湖に響き渡るはずのDC音が鳴らない。

ラインがまったく出ていない。そしてルアーの感覚が皆無。

なぜか分からないが、TN70の姿が消えていた。

キャスト切れというわけではないので、きちんと結べていなかったのか?

その辺を探してみるが発見できず。一投目でTN70が失踪した。

気を取り直して次のバイブレーションにチェンジ。

「ダイワ TDバイブレーション」。購入後初めて使用するトラ柄バイブレーションである。

ダイワ TDバイブレーション

初陣のTDバイブレーションをフルキャスト。

今度はDC音が琵琶湖にこだまする。

ウィードを確認するにはボトムずる引きが有効であるが、ダブルフックへの交換はおこなっていないため、ずる引きすると殉職は必至。

よって中層を探るイメージで巻くこととした。

そんな狙いが浅はかだったのだろうか?

気分よく巻いていると、ガッツリ根掛り。びくともしない系の根掛り。

そういえばこの周辺はデンジャラスゾーンだった。

果敢に救命活動をおこなってみたが、残念ながら殉職。

開始2投で失踪1名と殉職1名。

もうやってらんない。

ウィード育成状況報告。かなり生えている

泣きそうになりつつ、ルアーチェンジ。

再度TDバイブレーション。これはフロントフックがダブルフックになっている。

ダイワ TDバイブレーション

デンジャラスゾーンを避けてウィード探索開始。

ウィードの状況はというと、まったく無いと思っていたが、かなり生えている。

岸からそんなに離れていない20mから30mといったところに生えている。

かなり生えているといってもまだまだ薄いが、いい感じに引っかかってくる状況。

湖西エリアのウィード

そんなウィードの感触を確かめつつ、巻き続けている反応あり。

ウィードに絡まってバイブレーションが外れた直後にグングンバイト。

良く引いたのででかいと思ったが35くらい。

湖西エリアで釣ったブラックバス

殉職の悲しみを乗り越えバイブレーションで水揚げ。

今夜は何かが起きるのか!?

ウィードに当てながらスピナーベイトを巻く

一通り探索を行った結果、おおむねウィードが生えている場所を確認。

次にそんな場所をスピナーベイトでサーチしてみることとした。

先ほど釣れたのはウィードエリアでの巻きのリアクションによるもの。

であれば、同じ動きが出せるスピナーベイトが有効と考えた次第。

そしてスピードはスピナーベイトの方がゆっくり巻ける。

ゆっくり動くスピナーベイトがウィードにあたってヒラをうった瞬間にバイトが出るはずである。

登場願ったのは信頼と実績の「O.S.P ハイピッチャー」。重さは多分1/2oz。

O.S.P ハイピッチャー

これを水面とウィード表面のスペースを引いてくるイメージで巻く。

たまにウィードの感触があるので、イメージどおりに巻けている模様。

が、場所によってはウィードが絡み続ける場所もある。

ただただ場を荒らしているだけの気がしてくる。

本命地点へ移動して探りを入れる

この時点で0時ごろ。今夜も1時頃には帰路につきたい。

ということで、前日釣れた本命ポイントで探りをいれることとした。

ウィードのある場所に向けてハイピッチャーをキャスト。

ウィードを感じながら巻いてきたが異常なし。

あまり投げ続けると場が荒れるのではないかと考え、スピナーベイトは2投で終了。

次に登場したのは「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー5インチ」である。

これをウィードの中につっこんで、ネチネチする作戦。

反応無し、今日はお留守のようであった。

ここであきらめるわけにはいかないので、この日の探索で確認したウィードエリアを再訪。

ウィードエリアといっても広範囲なので、先ほど30UPが釣れた場所を中心に探る。

しかしながら、ヤマセンコー5インチだとウィードの存在が感じられない。

生えていることは間違いないが、まだまだスカスカなのか?

存在が感じられる場所で粘ってみたが反応無し。

ちなみにこの日もベイトの存在は無。

あちこち移動しながらネチネチしてみたが反応がなく、気づけば2時。

また2時までやってしまった。

小バス1匹という結果だけを残して、琵琶湖を後にした。

ウィードはあるところにはある

「今シーズンはウィードが生えるのが遅い」、「今年はウィードが少ない」などと世間では言われているようだが、今回確認した限りではウィードは普通に存在していた。

ウィードを確認したのは普段釣り人があまりいない場所。

対して、人が多い場所はウィードが無い。

この事実から、単に釣り人が探せていないだけの気がする。

ある場所にはきちんと生えているので、ウィードを切望している人は、人がいない場所で釣りをしてみることをオススメする。

今後の釣行方針は、確認したウィードエリアでの巻き展開が有望か?

バイブレーション、スピナーベイトを巻いたり、デスアダーを巻くのもいいかもしれない。

本格的にウィードが濃くなるまでは、このエリアをメインに釣りをしてみるつもりである。