朝マズメの湖西で立ち込んできたけど地震が起きたので撤退 2018年6月18日

湖西浜の白波

公休日となったこの日、早朝から湖西浜へイン。

風、波ともに強めの中、ヤマセンコー、デスアダー、ヘビキャロ、ネコリグを投げたが反応無し。

そんな中、地震が発生。愛する家庭を守るため、釣りを中断し撤退することとなった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年6月18日(月) 4時半ごろ~8時半頃
  • 湖西エリア
  • 今年81回目の釣行

朝マズメの湖西へ

この日は公休日。公休日と言えば、朝から出撃の日。

というわけで、朝マズメの湖西でデカバスをしとめるため、早朝から出撃を開始した。

4時半頃に現地着。誰もいない。

夜は既にあけており、辺りは明るい。曇っていてローライト。釣れる気がする。

まずは現場の状況確認。

台風が接近中という話だったが、思っていたよりも琵琶湖は落ち着いている。

とはいえ、北から弱い風が吹き続けており、湖面はザバザバしている。

朝一はトップウォータープラグ「メガバス  POP-X」を投げるつもりだったが、この状況では波にもまれてまともに釣りが出来ない。

前回釣行時に使用した「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー5インチ」がロッドにぶら下がっていたので、そのまま使用することとした。

新しいウェーダー「RBB シュープリームウェイダー2」の初陣

実はこの日は新しいウェーダー初陣の日でもあった。

新しく購入したのは「RBB シュープリームウェイダー2」である。

 

シマノのウェーダーを購入する予定だったが、こちらを購入。

ブーツ部との接続部が他の一般的なウェーダーとは違って丈夫そうだったので、水漏れの心配が少ないと考え購入した次第。

詳細については後日まとめて報告する。

そんな新しいウェーダーを着用して入水。

当然、水漏れはないが寒い。水が冷たい以上に、風が吹いており気温が低いためだと思われる。

寒さに震えながらヤマセンコーをキャストし続けた。

やはり沖の方にはウィードが生えている

立ち込んでキャストすることで沖までルアーを届けることができる。

そのおかげで、沖の方にはウィードが生えていることを確認。

まだまだまばらな状況だが、このあたりが狙い目となるはず。

ヤマセンコーでウィード周りをネチネチしてみたが反応無し。

というか、活性が高いはずの朝マズメで一点集中はもったいない!

と考え、「デプス デスアダー6インチ」を巻いてみることとした。

朝マズメにフィーディング中のバスを狙い撃つ作戦である。

スイミングさせるレンジ、スイミングのスピードを変えつつ巻き続けたが反応無し。

この日もベイト、バスの生命感は感じられない。

時間が立つにつれて風、波が激しさを増してくる。

琵琶湖・湖西

写真だとたいしたこと無いように見えるが、冬の日本海に近い状況。

この状況だとビッグベイトが有効なはず。だが、持ってくるのを忘れてしまった。

こうなったらあれに頼るしかない。

ヘビキャロで沖を狙ってみたが殉職

時刻は6時過ぎ。

まだ朝マズメといえる時間帯だが、シャロー狙いをあきらめヘビキャロで沖を狙うことにした。

この風と波をさけ、沖のディープ、沖のウィードあたりに魚が固まっているのではないかと考えたのである。

とはいえ、単に沖を狙うだけでは釣るのは難しいだろう。

目視できるターゲットを定めてヘビキャロを遠投。

このあたりはウィードゾーン+岩がゴロゴロしているゾーン。

よく殉職する場所だが気にしてはいられない。

果敢にヘビキャロを遠投。ウィード、ハードボトムを感じながら引いてくる。

そして、殉職。

この予定調和のような結果を経て、帰りたくなるモードに突入した。

ネコリグでランガン!

時刻は7時過ぎ。ここまでノーバイト。

帰りたくなるモードに投入してしまったが、まだまだ時間はある。

できれば夕方頃まで釣りをしたい。今日は南湖にも行ってみようと考えている。

このままでは帰れない。

立ち込んで固定砲台方式で釣りをするのはやめ、ネコリグ一本でランガンすることにした。

「O.S.P ドライブクローラー6.5インチ」のネコリグである。

ヴァンキッシュとドライブクローラー

ネコリグを選んだ理由は以下のとおり。

  • それなりに遠投することができる
  • まばらなウィードを攻めることができる。
  • 表層からボトムまで探ることができる

スピニングタックルに持ち替えランガン開始。

波が白波になりつつある中、ネコリグをキャスト。

場所によって藻が絡まってくる場所、ぜんぜん絡まない場所がある。

絡まってくる場所はリフトアンドフォールとスイミング、絡まない場所ではそれらに加えボトムトントンで探ってみる。

最初のポイントではベイトの存在は確認できなかったが、移動している中で岸際にベイトがピチャピチャしているのを現認。

これだけ荒れていてもベイトは岸際にいるようだ。

となると、少し離れたところにバスもいるはず。

これでやる気が出てくる。

ベイトがいる場所を中心にネコリグをキャストし続けた。

琵琶湖が揺れたので撤退

気分よくネコリグを投げ続ける。

3月に50UPを水揚げしたポイントに差し掛かる。

春といえばルドラSP!増水した湖西のシャローをただ巻きして50UP 2018年3月9日

ベイトがピチャピチャしている。岩がゴロゴロしている。釣れるならここである。

そのとき異常あり。

背後で地響きが発生。そしてスマホが鳴動。

琵琶湖が揺れる。小生も揺れる。

地震発生である。地震こわい。

震源地は大阪らしいが、だいぶ離れたこのあたりでこの揺れということは、普通の地震ではない。

愛する家庭のことが気になったが、まぁ、多分大丈夫だろう。

釣りを続行。

釣りをしている最中に地震が発生したら何をすべきか?

そんなことを考えながら釣りをしていると、奥さんから電話。

輻輳しているせいか、よく聞き取れなかったが、帰って来いと言うメッセージか?

最後の一投を10数回してみたが反応なし。

これから釣るはずだったのだが、愛する家庭を優先し帰還することとなった。

地震が起きたら速やかに帰るほうがいい

早く帰りたかったので名神高速へイン。

小生が降りる「京都南インター」までは通行可、それより大阪方面は通行止めらしい。

名神に乗ったのは正解だったのか?失敗だったのか?

京都南出口付近は強制的に下ろされる車で大渋滞。

普段5分で通れるところが30分以上かかった。

最後の一投を何回もしている場合ではなかった。

大地震が起きたら速やかに帰ったほうがいいということである。

ということで、この日は釣り以外のことで考えさせられた一日であった。

以上である。