タイニークラッシュで湖西ハスパターンを狙ったらルアーが釣れた 2018年6月27日

今宵はやや風が強い湖西エリアへ出撃。

ハスパターンでデカバスを仕留めるため、ビッグベイト 「タイニークラッシュ 」でランガン。

ルアーが釣れた後は無が続き、異常がないまま終了。

固定砲台で釣れるパターンを見つけるしかないのだろうか?

釣りに行った日時・場所

  • 2018年6月27日(水) 22時半頃〜1時頃
  • 湖西エリア
  • 今年83回目の釣行

風が強い琵琶湖でハスパターンを狙う

この日の琵琶湖は強風予報。

化け物の予感がするので、湖西エリアへ出撃。

早めの出発で現地着は22時半頃となった。

やや強めの風でライトリグは難しそうだが、心地よい風。湖面もザバザバしている。

今日の作戦はハスパターンを意識した釣りを展開するというもの。

例年、この時期の湖西エリアはハスを捕食するバスを狙った釣り方が有効といわれている。

ハスパターンとは?

「ハス」とは、コイ科の魚のこと。

この「ハス」捕食するバスを狙う釣りをハスパターンという。

ハスは体長30cmほどになるため、大きめのルアーを用いることがハスパターンの特徴である。

ハスパターンでよく用いられるルアーは、ビッグベイト、大き目のスイムジグなどである。

タイニークラッシュでハスパターンにはめる

そんなハスパターンにはめるため、今宵、小生が選んだルアーは「DRT タイニークラッシュ」である。

タイニークラッシュ

いわずとしれたビッグベイト。小生は一つだけ持っている。

あとは「デプス デスアダー6インチ」と「デプス ハイパーフットボールジグ」を準備。

マッチザベイトの観点で言うと、デスアダー8インチが望ましいのだが持っていない。というか買ったことが無い。

少しでもシルエット、波動を大きくするためにデスアダー6インチをスコーンリグとして使用することでマッチザベイトを狙うという考えである。

ということでまずはタイニークラッシュをセットとして現場へイン。先日ベイトがピチャピチャしていたポイントである。

「シマノ 18ポイズンアドレナ172H-2」でタイニークラッシュを投げる。

18ポイズンアドレナ172H-2で初めてビッグベイトをキャストしたが、なんの問題もなくキャスト可能。

これまでビッグベイトを投げるときは「シマノ ゾディアス172H-2」を使っていたが、自重の軽いポイズンアドレナの方が投げやすく感じた。

これまでサイドスローしかしてこなかったが、オーバースローでフルキャストも可能であった。

岸沿いを泳ぐハスを演出する

小生のイメージでは、ハスは砂地エリアの岸際をうろちょろしているイメージ。

つまり沖に投げてもハスパターンは成立しない!(キリッ)ということになる。

よって、岸際をメインにタイニークラッシュをキャストすることとした。

岸から5m~10mくらい沖にキャストして、なるべく岸と平行に引いてくる。

早く巻くと湖底に当たってしまうので、当たらないスピードで巻いてくる。リール一回転に4秒くらいかける感じ。(ハイギアリール使用)

下手をすると殉職する可能性がある釣り方。素人にはオススメできない。

事実、この日は何度か嫌な引っかかり方を何度かした。

ビッグベイトの場合、嫌な違和感を覚えたときにどうするか?

変にひっぱってはいけない。

違和感を覚えた次の瞬間、ラインテンションをダルダルにして、浮かんでくることを願うのがベストなやり方。

この日はこのやり方で殉職を免れることができた。

タイニークラッシュでルアーが釣れた

岸際だけではなく沖にもタイニークラッシュをキャスト。

回収時に小魚がタイニークラッシュに引っかかってきた。

と思ったら、ルアーだった。
タイニークラッシュとモラモラ

これはモラモラっていうやつか?

これが本日のハイライト。以降は無である。

ランガンしてベイトがたまる場所は確認できた

魚を求めてランガン開始。
あちこちにタイニークラッシュをキャスト。
風が強く、いい感じに荒れているが無が続く。

この状況だとデスアダー6インチのスコーンリグよりタイニークラッシュの方が良いだろうと考え、ルアーチェンジはなし。
ひたすらタイニークラッシュの集魚力にかける。
風は南風。よって、風表となる場所が熱いと考え、岬地形の南側を重点的に狙う。
ベイトもこの風と波の影響で風表に流されてくるか、風裏に逃げ込むはず。
風裏にはベイトは確認できなかったが、風表側にベイトがたまっていた。
場所によっては、背の高いウィードを感じることができた。

あえてそんなウィードに当てて巻いてみたが、反応無し。

やはりここは「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー5インチ」をウィードに絡ませるべきかと考えたが、この日はタイニークラッシュで押し通した。

時刻は1時を過ぎた。2時までやってらんないのでここで終了となった。

魚影が薄いのか?パターンがつかめていないだけなのか?

バイトが出ればそれを手がかりにして探っていけるのだが、何の反応も得られない。

何の反応もないということは、釣りをする場所が間違っているか、釣り方が間違っているかのどちらかと考えられる。

ランガンと称してあちこち移動しているのがだめなのか?

やはりここは釣れるパターン、傾向をつかむために、最も信頼できる場所で固定砲台と化した方がよさそうである。

次回釣行は固定砲台で色々な釣りを試して魚からの反応を待つ所存である。

以上である。