ポイントに入れず集中も続かず早々に退却してステッカー作り 2018年7月21日

琵琶湖バス釣り名人伝のステッカー案

土曜日の夜のせいなのか、入りたいポイントにことごとく先行者の姿。

近くで釣りを始めたがダウンヒルでは集中力が続かない。

もはや釣りをする意味がないと判断。早々に退却してステッカー作りにいそしむ結果となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年7月21日(土)21時半頃~23時頃
  • 湖西エリア
  • 今年92回目の釣行

どきっ!先行者だらけのマイポイント

土曜日の夜はフィーバーナイト。温かい家庭を早々に見切り、早めの時間帯から出撃。

と、その前に、大型釣具店「ブンブン大津店」に出撃。目当ての品はいくつかあり、そのうちの一つはワールドシャウラ。

結構な本数が陳列されていたものの、変な番手ばっかり。小生が触ってみたい1702R-2は不在。やはり人気のようである。

そして何も買わずに店を出て、湖西エリアへ向かった。

21時半頃に現地着。マイポイント2ヶ所ともに先行者の姿あり。土曜日の夜なので仕方ない。

潜り込める場所は空いていたため、そこへインして先行者が消えるのを待つこととした。

ダウンヒルは苦手、やりにくい

詳細は割愛するが、この立ち位置では非常に釣りがしにくい。いわゆるダウンヒル。

かのイニシャルDに出てくる主人公「藤原拓海(ふじわらたくみ)」氏はダウンヒルが得意だが、小生には無理。そんな感じ

ちなみに小生の長男が生まれる頃にイニシャルDにはまってしまったため、長男の名前を拓海(たくみ)にしようと画策。

満を持して奥さんへ提案したところ、「ふざけんなヴォケ」と一喝されたのはいい思い出。この頃に家庭内ヒエラルキーが形成されたようである。

そんないい思い出に浸りながら、おなじみの「デスアダー6インチだけ投げる釣行」を展開。

しかし集中力が続かない。だんだん帰りたくなってくる。

先行者が釣りやがった!移動する気配なし

突如、先行者付近でバシャバシャと水音が発生。この暑さで頭がおかしくなって行水を開始したらしい。

と思ったら魚であった。先行者が釣りやがったのである。

サイズは40UPか?魚はいる模様。

釣れたので満足して姿を消す気配なし。どう考えても、ここで固定砲台で釣りをする気配。

つまり小生はマイポイントにインできないということ。

もう無理。これ以上ここで釣りをしても集中が続かず釣れる気がしない。しかも暑い。

もう帰ろう。ということでスレた家庭へ帰還することとした。

ステッカー作りに興じてみた

帰還後はステッカー作りに興じる小生。

前回からデザインを少し変更することとした。

板メジャーに貼って写真を撮影したときに、文字が小さいとわかりにくいので、文字を大きくしてみた。これでよく見えるはず。

琵琶湖バス釣り名人伝のステッカー案

そろそろデザインを固めて業者発注する予定。完成した際には一枚2,000円で販売予定。

売り上げの全額は恵まれない人へ寄付する予定である。恵まれない人とは、もちろん小生のことである。

沖狙いが吉なのだろうか?

そういえば、先行者は沖へ遠投して釣っていた模様。ヘビキャロではなくテキサスか?

つまり沖のウィードエッジの外側狙いか?

デスアダーノーシンカーだと飛距離に限界があるため、ネイルシンカーを埋め込むなどして飛距離アップを検討する。

あるいは、面倒なので最近やっていないが、立ちこんで沖を狙う作戦も検討する。

以上である。