強風下の南湖初場所で釣りをしてみたけど1バイトで終了 2018年8月8日

「南湖」釣果報告

デスアダー6インチ

以前から気になっていたポイントを訪問するため、南湖某所へ出撃。

台風によるものと思われる強風の中、初場所でひたすらデスアダーをキャストし続けたが1バイトで終了。

次に来ることはあるのか?そんな感想を抱いた場所であった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年8月8日(水)22時半頃〜2時半頃
  • 南湖エリア
  • 今年102回目の釣行

南湖某所への初訪問

この日は朝からなぜが涼しく、比較的過ごしやすい1日であった。台風接近によるものだろうか?

夜になっても気温は低めの28℃。こんな日は少し冒険してみようと考え、南湖の某所へインすることとした。

以前から気になっていたポイント。本当は明るい昼間に偵察してから行こうと考えていたが、まぁ大丈夫だろうと考えイン。

細かい説明は割愛するが、色々と難儀な場所であった。

よく分からないがそれっぽいところに投げまくる

ポイントへ到着してまず思ったのは、どこへ投げたらいいのか?ということ。

初場所あるあるではあるが、とりあえず目に見える障害物の近くからサーチ開始。微妙にウィードが漂着しており絡まってややこしい。

釣りし始めた頃は穏やかな琵琶湖であったが、途中から風が強くなり強風下での釣りとなった。

そのせいもあり狙ったところにルアーが飛んでいるのかよく分からない状況。湖面が鏡なら分かりやすいのだが、ジャバジャバしているので着水点が分からない中、釣りを続けた。

ところどころにウィードが生えているエリア発見。あと石?岩?が転がってるっぽい場所も確認。

デスアダーのスイミングとズル引きを駆使してみたが無。

たまに魚が跳ねるがそれ以外の生命感はなし。本当にここに魚はいるのだろうか?

はっきり言って釣れる気がしない。(キリッ)

はっきり言ってここに来たことを後悔し始めた。今すぐ帰りたい。

しかしこのままでは帰れない。もとい、バカにされてしまうので続行することとした。

やはり明るい時に一度来ておくべきだったか

どこへ投げているのかよく分からないまま釣りを続ける小生。完全に修行モード。

ズル引きしているとやたら引っ掛かる場所があるのは分かるが、反応がないので信じて探り続けられない。

割と最初の方から集中できていないのはわかっていた。途中から完全な惰性の釣りとなっていることもわかっている。

適当に投げてもギルバイトくらいあってもおかしくないのだが、何もない。なんでやねん。

やはり一度明るいうちに偵察しておくべきだったか?距離感や雰囲気など、夜に初めて来てもよく分からない。

と言いつつ、分からないなりにキャストしまくる。何か反応さえ得られればなんとかなるはずである。

一番複雑なところで1バイトでたが終了

障害物が複合しており地形変化もありそうな場所に投げ入れたところ、ショートバイトが出る。が、それだけ。

この辺りの水深は足元付近は50〜60cm?その向こうは1mと行ったところか前後か?

ちなみに簡単に水深を探るには、ロッドを水中に突き刺してやればいい。ボトムを感じたらロッドが水に浸かった部分の長さが水深ということになる。ボトムに当たらなければもっと深いということ。

思いっきりぐさっと突き刺すと穂先が折れることがあるので要注意。

風が強くなって来たので、多分にこっち方面に魚が入っているのではないかと期待したが異常なし。

もうやってらんない。2時半頃で終了することとした。

再訪することはあるのか?と思った

率直に言って必ず再訪すると言い難い場所であった。

と、同時に釣れる理由も分かった気がする。そんな場所であった。

さて、次回釣行、つまり今夜の釣行は「外道を釣る(キリッ)」である。

つまりバスが外道ということ。そんな釣りを予定している。

以上である。