海でシーバスを狙ったが釣れる気がしないのでナマズを釣った 2018年8月25日

「バス・海以外」釣果報告

琵琶湖で釣ったナマズ

前日の海釣行に続いてこの日も若狭エリアへ出撃。橋脚周りを中心にミノー、シンキングペンシルを投げ続けたがノーバイト。

全く釣れる気がしないのでシーバスはあきらめて、琵琶湖の北湖東岸へ向かってナマズ釣りに着手。結果、ナマズ1匹を水揚げして終了となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年8月25日 23時頃~4時半
  • 若狭エリア~琵琶湖北湖東岸エリア
  • 今年110回目の釣行(琵琶湖108回、海2回)

土曜日の夜は釣り人が多い

昨夜に引き続き、この日も若狭エリアで海釣りをすることとした。

23時ごろに現地着したのだが、既に先行者多数。前夜の金曜日とは全然違う。

先行者といってもルアー釣りではないようで、ウキ釣りでワイワイやっている状態。もはや夜遊びしたいがために釣りをしているような人々である。

幸い、入りたかった橋脚部分は空いていたので、華麗にインして昨夜と同じように明暗部分の境目を中心にミノーとシンキングペンシルを投げまくった。

異常はない。周辺の橋脚周りをランガンしたが全く反応なし。全然釣れる気がしない。

別のエリアへ移動しようかと思ったがナマズ釣りをすることに

もうこれはこの周辺では釣れないと判断。シーバスってたいていそこにいれば食ってくるらしい。

それにも関わらず食ってこないということは、そこにはいないということだろう。

というわけで場所移動を決意。目的地は海の別エリアか・・・と思ったが、釣れる気がしないのでナマズ釣りに以降。

琵琶湖の北湖東岸のK氏とT氏と合流してナマズ釣りに興じることとなった。

ナマズ一匹を水揚げして終了

琵琶湖の某所へイン。早速ピーナッツ2をキャストしてナマズ釣りを開始。

ナマズも全然釣れない。今日はだめな日なのか?

と、K氏のタックルを拝借。すると釣れた。投げているルアーのせいなのか?

琵琶湖で釣ったナマズ

そしてK氏は小生のタックルで水揚げしている。あつかましい奴である。

琵琶湖で水揚げされたナマズ

その後は無。ナマズ一匹でこの日の釣行は終了となった。

釣れるルアーと釣れないルアーの差は気持ちの問題!?

釣れるルアーと釣れないルアーの差は何なのか?

それは、釣り人が信じきって投げ続けることができるかどうかという点にあるようである。

信じて集中して投げ続けることができれば釣果は伴うはず。つまり釣れるルアーというわけである。

反対に、良く釣れるといわれていても疑心暗鬼に投げ続けても、集中力が続かないことが多い。したがってそれは釣れないルアーになってしまう。

他人が使っていて釣れているからといって、自分もそれで釣れるわけではないのはそのせい。

これらを踏まえると自分が集中して投げ続けることのできるルアーを見つけることが釣果UPの秘訣だともいえる。

特に巻物ルアーはプルプル感の有無やその強弱によって、釣り人が受ける印象が大きく変わってくる。その中から自分に合ったルアーを見出すことが必要だろう。

というわけで小生も色んなクランクベイトを投げて試していく所存である。