ホームグラウンドのピン的エリアを求めて無!チビが元気な模様 2018年9月17日

当ブログ読者からいただいたお土産

久しぶりに夜の北湖西岸エリアへ出撃。

安定的に魚が付く場所を求め、いつもと違う場所からスタートしたが地形が変わっていることを確認しただけで反応なし。

いつもの場所ではバイトは出るがチビばかり。3バイト1バラシで終了となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年9月17日(月)  22時頃~2時頃
  • 湖西エリア
  • 今年121回目の釣行(琵琶湖117回 海4回)

ホームグラウンドのピン的エリアを求めて

約2週間ぶりに夜の湖西エリアへの出撃を開始した。

今夜の目的はホームグラウンドとしている湖西エリアにおけるピン的なポイントを見出すこと。

適当に投げて釣れたらラッキー!?そんな釣りとは本格的におさらばしたい意図である。

ここ最近、バス釣り以外の釣りにも取り組むことを通して、考え方が変わってきた感がある。

ルアーやテクニック、環境変化といった要因を気にするくらいなら、魚がいる場所に投げ続けた方がマシ。

そんな当たり前とも言えるようなことを、ここ最近ひしひしと感じている。

出撃にあたっては、奥さんに対するマッサージを実施していたところ、息子から蹴りを入れられたため中止。

どうも小生が奥さんに触れることを許容できないらしい。心の中で息子に礼をいって早々に出撃体制に入った。

あっ、そういえば先日は小生のファンにステッカーを贈呈してきた。ご丁寧にお土産をいただき恐縮である。

当ブログ読者からいただいたお土産

話にきくと、夫婦で当ブログを見ているとのこと。こんなくだらないブログを見るとは、ろくでもない夫婦のようである。

地形が変わって岩もなくなっている

ピン的エリアを求めて向かったのは、ディープ隣接シャロー、ハードボトム、流れ込みあり、大きめの岩があるポイント。

3月にルドラSPで50UPを水揚げしたポイントである。

春といえばルドラSP!増水した湖西のシャローをただ巻きして50UP 2018年3月9日

魚が付く要素が多分にあるこのポイントであれば、安定した釣果が期待できる可能性があると考えたのである。

魚から何かしらの反応を得たいため、タックルはベイトタックルとスピニングタックルの2セットを用意。

まずはいつも通り「デプス デスアダー6インチ」のノーシンカーリグで周辺をサーチ。

一番可能性のある大岩周辺を探索したが無。

続いて「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー3インチ」のノーシンカーリグを投入。

しかしこれでも反応なし。どないなっているのか?

全く反応が無いのでライトで照らしながら周辺を目視確認。

地形が変わっている。そしてあるはずの大岩が無い。流れてきた石に埋れてしまったか?どこかへ撤去されたか?

今後この周辺で釣りをする理由がなくなってしまったようである。

使用したタックル

  • ロッド:シマノ ワールドシャウラ1703R-2
  • リール:シマノ メタニウムDC HG
  • ライン:シーガー R18 フロロリミテッド14lb
  • フック:ガマカツ ワーム316 #4/0

 

  • ロッド:シマノ ポイズンアドレナ266L-2
  • リール:シマノ ステラ2500S
  • ライン:シマノ ピットブル4 0.8号
  • リーダー:フロロ10lb
  • フック:#1/0

いつもの場所ではバイトは出るがチビばかり

他にもう一ヶ所立ち寄ったが無。よっていつもの場所へ移動を開始。

デスアダーを沖にぶん投げて魚からの反応を待つスタイル。

なんとなくバイトが出やすい場所は特定できているが、確実な根拠があるわけでもない当て物釣法。

ええ加減これを何とかしたい。とはいえ、適当にあちこち投げているとバイトは出る。

これが秋ということだろうか。特定の一ヶ所に固まるのではなく、魚があちこち泳ぎまわっているイメージ。

しかし食ってくるのはチビのようである。チビには用は無い(キリッ)。

1回40あるなしくらい?を掛けたがバラしてしまう。

しかし使用していたのは世界のワールドシャウラ。世界と戦うためのパワーをもつロッドなのでサイズ感がいまいちつかめない。

ということは、巨バスだった可能性が否めない。むしろ巨バスだったはず。

そんなわけで2時ごろまで投げ続けたが異常なし。

ヤマセンコー3インチにも反応なし。デスアダーのスイミングには反応があることから、フォールの動きやボトム周辺を動かすより、スイミングさせる横方向の反応がいいのだろうか?

ためしにヤマセンコースイミングとヤマセンコーミドストも試してみたが無。

ステラの巻き心地を堪能するだけの結果に終わった。

ばらしやすいフックは相性が悪いフック!?

今回使用したフック「ガマカツ ワーム316」は、小生の場合良くバラす傾向がある。

デスアダーへのフックセットは針先をスリットに隠す縦差しセッティングで使用しているが、フッキング時に針先がスリットから出にくい感じがある。

物は非常によいものだが、針先がやや内側に向いているせいか?相性が悪いせいか?

いずれにせよ、確実にフッキングに持ち込めバラシにくいフックを探す必要がありそうである。あるいはフックサイズを変えるか。

あとはフックのカエシを無くしたバーブレスで使用することも一考。

バラシやすいイメージのあるバーブレスフックだが、使用者が言うにはバラスことはほとんど無いらしい。

フッキング率が高まりフックを外すのが楽になるバーブレスフックの導入を本格的に推し進めていく段階に来たようである。

以上である。