湖流があたるハードボトムエリアをランガンするのが正解か!? 2018年9月19日

「湖西」釣果報告

琵琶湖・湖西エリアで釣ったブラックバス

出来損ないの板メジャー(通称ゴミメジャー)が完成したため、湖西エリアへ出撃。

いつもの場所は生命感があったが無だったので移動を決意。移動先で40UPを水揚げした後は再び無が続いて終了。

エリア的に湖流があたるハードボトムエリアをランガンして魚との出会いを待つのがこの時期、このエリアの正解なのだろうか?

釣りにいた日時・場所

  • 2018年9月19日(水) 22時半過ぎ~1時半頃
  • 湖西エリア
  • 今年122回目の釣行(琵琶湖118回 海4回)

板メジャーが一応完成

先日から放置していた板メジャーが一応完成。

完成した板メジャー

これでもか!と言わんばかりにセンスの欠片も感じられないゴミメジャー。非常に残念なメジャーになったと言えるが、実はそうではない。

諸君らも知っているとおり、今年は「ダサかっこいい」の時代。小生の板メジャーもダサかっこいいというわけである。

ともかく、この板メジャー入魂のために今宵も湖西エリアへの出撃を開始した。

いつもの場所にいた先行者が数釣りしている

22時半過ぎに現地着。風なしで波もほぼ無い状況。

いつもの場所には珍しく先行者の姿。小生が準備をしていると30UPくらいのバスを水揚げする先行者。

少し離れたところに入水して釣りを開始すると、その後も堅調に水揚げを繰り返す先行者。

サイズは小さいようだが、数釣りを楽しんでいる模様。このあたりでホイホイ数釣りをする人は初めて見た気がする。
スピニングタックルでキャストしているようだが遠投しているわけではない。バスは思っているより手前のほうにいるのだろうか?

先行者がいなくなってからいつもの定位置にイン。あちこちに「デプス デスアダー6インチ」をぶん投げて魚からの反応を待った。

本日使用したフックは「ガマカツ ワーム316」のサイズは#5/0。これまでの経験を元にフックサイズを挙げてすっぽ抜け、バラシを回避したい次第。

 

周辺では魚が時折跳ねており、生命感は十分。しかし小生のデスアダーには反応なし。これだから食わず嫌いは困る。

小一時間たったが何も起きないので、場所を変えてみることとした。

岩がゴロゴロしているエリアでバイトが出る

移動先は湖流がほどよくあたっているであろうエリア。

早速デスアダーをぶん投げると、気づいたことがある。岩にガンガンあたる。いつもの場所よりも転がっている石の大きさも大きい。

小さい石や砂は湖流によって流されていくため、大き目の石や岩だけが残っているのだろうか?

どちらかというといつもの場所よりこちらの方が釣れそうやなぁと思っていると、その期待通りバイトが出る。

琵琶湖・湖西エリアで釣ったブラックバス

手メジャーによると45cmくらいか?フックサイズを上げたおかげだろうか、ガッツリフッキングである。

いつもなら「ヒャッホ~」と叫びつつメジャーに乗せてサイズ測定しているところだが、この日はある狙いのため、早々に釣りを再開した。

釣れた後にすぐ投げるスクール狙いは不発

そう、スクール狙いである。スクールってのは、大体同じくらいのサイズのバスが集団で動くその集団のこと。

スクールが回遊してくると、釣れた直後にすぐ投げると連発することがあるらしい。それを試してみたのである。

しかし、すぐといっても一分くらい経ってしまっていたので遅すぎた感がある。結局連発することもなく無。

もっと早く投げる必要があったか?それともスクールではなく単発だったのか?

沖のディープを狙ってみたが無

以前、ヤマセンコーで沖のウィードを狙ってみたことがあったが、この日はデスアダーで沖に遠投してボトムをサーチしてみることにした。

残念ながらウィードの存在は確認できず。緩めのブレイクを感じながらボトムをズル引きサーチしてみたが無。

ブレイクのあたりをかすめるようにスイミングするイメージで巻いてみたが無。

先ほどの先行者が釣っていたのは沖ではなかったように、この時期のねらい目は沖ではなく手前のシャローなのだろうか?

そのシャローの中でも、水通しが良いハードボトムエリアが正解なのだろうか?

3時間やって1匹しか釣れない

1時半頃まで釣り続けたが1匹だけで終了。先日の釣行では小バスバイトがあったが、この日は皆無。

いつもながら複数匹を水揚げすることができない。

集中力の問題か?そもそも個体数が少ないのか?それともタイミングか?気温が20℃を切っていたこともあり、水温低下が顕著で活性が下がったのか?

その一方で数釣りする釣り師もいる模様。何が違うのか?

場所や釣り方をいろいろと試してみたい気持ちがある一方、変えすぎても収集がつかなくなる可能性もある。

シャロー狙いを軸にしつつ、試せることは試していく所存である。

以上である。

 

あっ、忘れていた。

ワールドシャウラだからこそ釣れた1匹!!(キリッ)