苦手意識を克服するために苦手ポイントへインしたがやはり釣れない 2018年11月12日

「北湖東岸」釣果報告

琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

苦手意識を克服するために北湖東岸の苦手ポイントへイン。しかし、苦手意識を克服することはできず小バスばらしで終わり。

信頼と実績のポイントへ移動してみたが釣れるのは30UPだけ。明らかに季節が進行している今の内にリズムをつかんでおく必要がある。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年11月12日(月) 21時半頃~1時半頃
  • 北湖東岸エリア
  • 今年159回目の釣行(琵琶湖151回 海8回)

苦手なポイントで釣る

先週は暖かい日が続いたが、今週は寒くなるらしい。この気温変化によって水中の魚たちにどのような影響が出るのだろうか?それを検証するために今宵も出撃を開始した。

この日の目的は苦手ポイントの克服。これまでに釣れた実績のあるポイントではあるが、ここ最近は沈黙が続いており距離を置くことが多かった。しかし、釣れることは間違いないポイントであり、厳冬期に備えて苦手意識を克服しておく必要がある。

21時半頃に現地着。先行者の姿が見える。離れた場所から釣りをスタート。風無しで波ユラユラ状態。いつも苦手意識が先行して軽めにしか探らず、滞在時間も短めなのでじっくり釣りをすることとした。

普段はスルーする場所も慎重にサーチしていく。釣れる気しかしないのだが異常なし。今宵もギルバイトは無し。一時のことかもしれないが、季節は確実に冬に向かって進行しているようである。

ピン的ポイントにインしてじっくり探ると、小バスバイト。適当にあわせたので「ピチャピチャピヨ~ン」でバラし。一時間ほどサーチし続けたが、反応が得られないので次のポイントへ移動することとした。

魚が付く場所のようだがチビしか釣れない

次のポイントは信頼と実績のポイント。最初に入った場所はディープが絡むエリアで、ここ最近は不調が続いている。シャローもディープも探ったがこの日も反応無し。ギルバイトも無し。ギルがいないことでデカバスの期待度が高まるが、生命反応が得られないのは残念である。

次に入ったエリアは高確率で小バスが釣れる場所、そんな場所のピン的エリアにダウンショットを通すと出た!30UPの小バス!

琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

引き続いて周辺をサーチしたが無。再度ピン的エリアに何度か通すと出た!30UPの小バス。

琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

何度か通すとバイトが出たのは何故か?周辺を魚がウロウロしているのだろうか?以降、反応が消えたので最終ポイントへ移動。

波ザバザバポイントでも小バスしか釣れない

最終ポイントへイン。風があり波がザバザバしている。これはデカバス日和!ダウンショットのシンカーを重めに設定しサーチ開始。無が続く。

そしてこのポイントのピン的エリアを通すと出た!30UPの小バス!なんでやねん。

琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

なぜ小バスしか釣れないのか?小生が刻んでいるリズム、通称「Amリズム」は小バスがホイホイ釣れる小バスメソッドなのか!?

シンカーを重くすることで荒波の中でもダウンショットによる釣りは可能となるが、同時に根掛かりのリスクも高まる。最後、ガッツリ根掛かりしたところで終了。今夜も小バスの水揚げだけに終わってしまった。

今後の課題

ボウズ釣行が最近ないのは評価できるが、釣れるサイズがいまいち過ぎる。釣れる自信がある、というか釣れない気がしない今の内に、何らかの対策をとっておかないと厳冬期はひたすら無と向き合う可能性がある。

恐らくちょっとしたことを変えるだけで釣果も変わってくると考えている。まずは釣りのリズムを早めることを今後心がける。以前よりはテンポよく釣りをしているが、さらにテンポアップして小刻みに広範囲をサーチする。

また、障害物や地形に対してよりタイトに攻めることを心がける。魚が移動して食ってくるのを待つのではなく、魚がいる場所にワームを放り込む作戦。数cmの差で魚の反応が変わってくるようなので、根掛かり、殉職を気にせず打ち込んでいく方針。

まだまだ水中は秋とはいえ、ブルーギルのバイトがなくなってきたことから初冬の雰囲気を感じる。まだ生命反応が得られる今の内に、いろいろと試して現状を打開する所存である。