べた凪だったので湖流が当たるカレントのある場所を撃ったら釣れた 2018年11月16日

べた凪の琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

週末の琵琶湖へイン。北湖西岸でギルバイトを感じた後、東岸へ移動。今夜は全てのポイントを撃っていくのではなく、目星をつけてランガンを決行。

ほぼ無風でべた凪状態だったため、湖流が当たるであろうポイントに絞って探りを入れたところ、久々にまともな魚を水揚げ。

釣り方だけではなく、その日の状況に応じたポイント選定眼も身につける必要があると認識したい夜となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年11月16日(金) 21時頃~0時頃
  • 湖西エリア~北湖東岸エリア
  • 今年162回目の釣行(琵琶湖154回 海8回)

週末なので北湖西岸の様子をチェック

ひゃっほ~な金曜日が到来。どうやら家庭内ではお菓子パーティーが実施される模様。念のためジュース等の個数を確認したところ、そこに小生の分は無かった。既成事実が着々と積みあがっているのを実感しつつ、夜の琵琶湖への出撃を開始したのである。

時間はたっぷりあるので、まずは北湖西岸の様子をチェックすることに。最近小バスすら釣れていないが、状況はどう変わっているだろうか?

誰もいないポイントへイン。早速ギルバイトが出迎えてくれたが、その後は無。水質がクリアであることに加え、減水しているので底が丸見え。どこかに隠れているのだろうが、魚の気配なし。長居する必要も無いので、軽くサーチして北湖東岸へ向かうこととした。

湖流が当たるエリアに絞って釣る作戦

前回釣行において、根本的に何かを変えていこうと決意したわけだが、今夜はポイントの選択方法を変えてみることにした。

根本的な何かを変えないと結果は変わらないと思った寒い初冬の夜 2018年11月15日

いつも撃てる限りあちこちを撃っていく手法をとっていたが、今夜は何らかの根拠に基づいてエリアを選定し、そこだけを狙い撃つこととしたのである。

今夜はほぼ無風のべた凪、琵琶湖の水は止まっているかのように見えた。そこで、少しでも水の流れがある場所に魚が集まるのではないかと思料。つまり、湖流があたる場所が有利だという考えに達した。というわけで、沖に突き出たような形状のポイントにインしてみることにしたのである。

ギルバイトを避けてレンジを低くしたら釣れた

第1チェックポイントへイン。ここは苦手ポイントだが、先の理屈から考えると本日の激熱ポイント。

いつものダウンショットでサーチ開始。早々にブルーギルがお出迎え。今夜もブルーギルの活性が高そうである。その後もギルバイトが頻発。バイトが出るのはレンジ高め、浮いている状況か?ということは、デカバスのレンジは下の方か?そう考え、下の方を重点的に探ってみることとした。

これが正解だったのか?久しぶりに良く引く魚と遭遇。引きを堪能した後に華麗にネットイン。

べた凪の琵琶湖・北湖東岸で釣ったブラックバス

まともな魚が釣れた!ひゃっほ~である。今夜のワームはチビアダー。水の抵抗が少ないので手早くサーチするのに最適なイメージ。ただしアピール度は低めか?

エリア選択は間違っていなかったか?さらに探りを入れてみたが得られたのはギルバイトのみ。一匹しか釣れないのが解せなかったが、粘る必要もないので次のポイントへ移動。

ボトム付近を探って見たが安定の小バス

第2チェックポイント。何か釣れるポイントだが、最近は小バスしか釣れない。

ここでもボトム付近を重点的に探ってみることに。このポイントで一番水通しのいい場所を撃ってみたところ、今夜も出た安定の小バス。なぜこのサイズがそこにいる?

琵琶湖・北湖東岸で釣った小バス

その後探索してみたが無。ちなみに今夜はシンカーを軽めに設定して障害物周りを重点的に狙い撃ったが無。シンカー軽めだと根掛かりしにくく、べた凪ならスピーディーに探れることを確認した。

最後はグダグダになって早めに撤収

小バスポイントを後にし、湖流を求めてポイント移動。が、残念なことに先行者の姿あり。なぜかここは人気のポイントで、週末はよく人が入っている。離れた場所ならこっそりインするのだが、まさに入りたい場所が占拠されている。待つことも考えたが、いつになるか分からないのでポイント移動。

移動中、強烈な眠気に襲われる。気を緩めると一瞬で寝落ちしてしまうレベル。非常にまずいので仮眠を取ることに。

これがよろしくなかったようで、30分程寝てから起きると全身を包む倦怠感。やる気が起きない。釣りなんてどうでもいい。早く帰りたい。そんな気持ちでいっぱい。

そんな気持ちを振り払って釣りをしても良かったのだが、恐らく惰性の釣りになるだけ。ろくなことがないだろうという結論に達し、早めに撤収することとなった。

闇雲にランガンするのは時間と体力の無駄!?

たまたま感は十分だが、今夜は狙い撃った場所で水揚げに成功することができた。時間のある限り全てのポイントを撃ちつくしてきたが、その日釣れそうな場所だけを重点的に集中して釣りをした方がいい結果は残るのだろうか?

もし仮定した条件下で釣れないときは、その真逆を試してみればいい。そうして自分の理論と現実の溝を少しずつ埋め、理論の精度を高めるのである。

投げ込む場所やアクションのことを気にするだけでなく、そもそものエリア選択についても理論立てて慎重に行う必要がある。今夜はそんなことを改めて認識することができた一夜となった。