琵琶湖でデカバスを釣る方法は根拠が無くても自信を持つことらしい 2018年11月25日

琵琶湖・北湖東岸で釣った3キロUPの50UPブラックバス

この日は自宅待機する予定だったが、我慢できずに北湖東岸エリアへ出撃。

ダウンショットでサーチし続け、ギルバイトを経てたどり着いた激熱ポイントで3キロ越えの50UPを水揚げ。(キリッ)

琵琶湖でデカバスを釣る方法。それは根拠の有無に関わらず自信を持って釣りするということらしい。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年11月25日(日) 21時頃~0時頃
  • 北湖東岸エリア
  • 今年168回目の釣行(琵琶湖160回 海8回)

無人ポイントでダウンショットサーチ開始

大抵日曜日の夜は自宅待機して体を休めることにしている。しかし、この日は出撃することを決意。なぜなら琵琶湖が小生を呼ぶ声が聞こえた気がしたから。病院に行った方がいい気がしたが、取り急ぎ琵琶湖へと進路を向けた。

第1ポイントにイン。三連休最終日の日曜日の夜は釣り人の姿は無し。どこでも撃ちたい放題ではあるが、日中どれくらい叩かれて釣られているかが気になるところ。とはいえ、やることは決まっている。小生のリズムに合った魚を水揚げするため釣りを開始した。

早々にギルバイトからスタート。嫌な予感がする。ギルバイトが多いときは大抵ギルか小バスの水揚げに終わってしまうからである。よってそんなエリアはスルーしてデカバスがいるであろう激熱ポイントへ向かった。

軽快なバイトの主は3キロ越えの50UPだった

激熱ポイントでサーチ開始。あまり一ヶ所で時間を掛けないように軽めにサーチして、効率よく探っていく。

風はほぼ無い状況で湖面はゆらゆら。先日40UPが釣れた状況と酷似。これは釣れる気しかしない。

べた凪だったので湖流が当たるカレントのある場所を撃ったら釣れた 2018年11月16日

というか、釣れる気がするとかしないといったことは頭に無く意識の外。呼吸するかのように、釣れることは当たり前の感覚。(キリッ)

そんな感覚で釣りをするとデカバスが釣れるらしい。最近無かった「コンッ」という軽快なバイトにフッキング。「フィィィィィィッシュ!!!」

最初は全然引かなかったが水揚げ直前に強烈な引き。あやうく水中に引きずり込まれそうになったがスピンコブラのおかげで悠々のランディング。

琵琶湖・北湖東岸で釣った3キロUPの50UPブラックバス

スピンコブラだからこそ釣れた一匹!(キリッ)久々に釣れた50UPは前回と同様3キロUP。もう3キロUPしか愛せない。(キリッ)

一ヶ所で粘らずランガン

開始してから30分ほどで50UPの水揚げに成功。翌日の公務に備えて早めに帰ろうとかと思ったが、今日は連発する可能性もある。よって釣りを継続することとした。

まだ撃ち残っている場所があったのでそこへ行くことも検討したが、全く違う場所を探った方がよいと判断し、移動を開始。

最近小バスしか釣れないポイントへイン。重要ピンゾーンの一つにダウンショットを撃ち込んだところ一投目でバイト。結構な引きだったため50UP連発か!と思ったが全然足りない40cmないくらいの魚。短い割りにやや太めだったのでOK。

琵琶湖・北湖東岸で釣った30UPのブラックバス

次の重要ピンゾーンでも一投目からバイトが出たが水揚げしたのはブルーギル。かなりがっかりである。やはりこの場所の状態はよろしくないようである。というわけで次のポイントへ。

信頼と実績のポイントへイン。ここも最近小バスかギルしか釣れていない場所。この日もそんな悪い状態が続いていたようで、ピンゾーンで釣れたのは安定のブルーギル。

琵琶湖・北湖東岸で釣ったブルーギル

相変わらずブルーギルが元気な琵琶湖。地上は寒いが水中は暖かい状態がまだまだ続いているようである。

0時頃まで釣りをして終了。いい魚が釣れたのはよかったが、調子がよかったのは最初だけ。複数匹釣っていくにはどうすればいいのだろうか?

根拠がなくてもいいから自信を持って釣りをする

今夜のバスが釣れたのは、無意識のうちに釣れる状態に自身をもっていったからだと考える。つまり、釣れる自信に満ち溢れており、釣れるかどうか不安といったことが意識の外だということ。

以前は「釣れなかったらどうしよう」とか「今夜も多分釣れないだろう」といったことを考えながら釣りをすることが多々あった。この時点で釣れる魚も釣れるわけがない。

まず集中力が保てない。そして釣りのリズムに焦りが出てくる。ネガティブ思考に陥ると無意識のうちに自身を釣れない状態に遷移してしまうのである。

逆に言うと自信がある状態、ポジティブ思考で釣りをすると集中力が高まり、焦りが生じない。適当に雑な釣りをしたとしても意外に釣れてしまう。

デカバスを釣りたければ自信を持てばいい。その自信に根拠は必要ない。今の小生は「釣って当たり前」、「釣れてあたり前」の心境で釣りをしているが、何の根拠も無い。根拠がなくても自信を持って釣りをするだけで結果が以前と全く違うことを最近深く理解している。

自信が持てなければ「釣れる気がしない」と思わないだけでも結果は変わるはず。いつ魚が食ってくるかは分からない。釣りを始めて最初の1時間ノーバイトでも気にしない。次の一投、次の瞬間に食ってくる可能性は多分にある。そんな可能性を信じて釣り続けることが安定した釣果に繋がるのだと、しみじみと感じる今日この頃である。

ということで、いい魚が釣れたので言いたい放題言わせてもらった。次に釣れなかったらごめんね。そして釣れない諸君は小生を見習って修行することをオススメする。(キリッ)