冬は軽めのシンカーを使ってスローにふわふわ感を出した方が釣れるらしい 2018年12月29日

シンカーを軽くして釣ったブラックバス

前回の忌まわしきボウズ釣行のリベンジを誓って琵琶湖へ出撃。小バスを釣ってボウズ回避には成功したが、まともなサイズが釣れる気配がしない。

そんな中、ダウンショットシンカーを軽くしてみたところ、まともサイズの魚の水揚げに成功。これからの冬の時期はシンカー軽めが釣れるらしい。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年12月29日(土) 19時頃~1時頃
  • 湖西エリア~北湖東岸エリア
  • 今年187回目の釣行(琵琶湖179回 海8回)

今夜は絶対に釣る!(キリッ)

一昨日の前回釣行では完全ノーバイトのホゲーリーヤマモト(ボウズのこと)を達成するという忌まわしき事態に陥った。今回はそのリベンジを果たすため、そして琵琶湖監視業務のために出撃を開始した。

まずは西岸を監視するために北湖西岸エリアへ向かった。道中は結構な雪が吹いている。これはバケモノの予感がするが、バケモノは釣れないやつである。

雪が降る西大津バイパス

北湖西岸ポイントへイン。もちろん無人。一般市民はこたつでヌクヌクしていると思われる。特別に許可された琵琶湖監視員だからこそ釣りをすることが許されるのである。

「よーし、琵琶湖を監視しちゃうぞー!」と意気込んでいつもの感じでダウンショットで一帯をサーチ。期待通りバケモノは釣れず、加えて小バスも釣れず。何も釣れない、いわゆる異常なしであった。

元気なバイトの小バスが釣れた

監視の舞台を東岸に移すため橋を越えて東岸へイン。先日の爆風とはうって変わって穏やかな風とゆらゆら湖面。これで釣れなければ釣りを引退しなければならない、それくらい釣れそうな雰囲気。

が、なかなかバイトが出ない。「今回が小生の引退釣行となるのか!」とビクビクしながらサーチしていると、今までバイトが出たことがなかったところで元気なバイト。

うぉっしゃーーーー!!と思ったのもつかの間、小さな魚が小生に向かって飛び込んできた。

北湖東岸で釣ったブラックバス

釣れたのでまずは良し。サイズアップはこれからである。それにしてもまだ小バスが元気なのが気になる。しかもバイトが出たのは水面から1m以内のシャロー部分。水中はまだまだ泳げる状況なのか?

「シンカー重すぎ!軽くしろ」って言われたので仕方なくやってみた

ルーチン化した監視業務を続行。ポイントを変えてみたが反応は得られない。今夜は小バスだけで終わってしまうのか!?

ここで北湖東岸の「カイオウ」と呼ばれ恐れられているK氏と電話で繋がる。色々と話をしている中で、ダウンショットで使用するシンカーの重さの話になった。

小生が使っているのはウォーターグレムリンの重さ3.8gくらいのやつ。それを伝えると「3.8gは重すぎ。冬はそれでは釣れん。もっと軽くしろ」とのこと。

「おい、早くそれを言え。この役立たずが!」と心の中でつぶやきながらシンカーを一段階軽めに設定。これで釣れたら儲けものである。

で、先ほど撃ったばかりの変化のあるゾーンへイン。軽くなったが感じられるシンカーの重さを感じながらサーチしていると本当にバイトが出た。

シンカーを軽くして釣ったブラックバス

まともなサイズの魚ゲット!シンカーを軽くしただけで釣れた一匹。K氏が役に立った瞬間であった。

別ポイントで良型をバラして終了

一匹釣れると釣れる気しかない。次の信頼と実績のポイントへイン。ほぼ無風で湖面ゆらゆらバケモノ日和。

バイトがよく出る場所を中心にサーチ。すると中層からボトムにかけてのレンジで強烈バイト。

まぁまぁ引く。ありがとうございます。と思った瞬間、定番の「バシャバシャピヨーン」でバラして終わり。針先はとんがっていたので、フッキングミスか?

それ以外は反応なし。ましな魚が釣れたのでここで終了とした。

それにしても、バイト感ははっきり感じられるので、まだまだ水中は元気に動ける状況なのだろうか?寒波が到来したとはいえ、釣りをしていてもたいして寒くない。家を出るのも躊躇するくらい寒くなってほしいものである。

冬は軽めのシンカーでフワフワ感を演出する

今回はK氏からの助言を受け、シンカーを軽く設定したところ釣ることができた。

秋は魚が元気なので、シンカーが軽かろうが重かろうがなんでも食ってくるが、冬はそうはいかない。軽めのシンカーを使用してスローにふわふわ感を出すことが釣果を上げる秘訣の一つらしい。

前回釣行時に課題として再認識した「探れているつもりが探れていない」という点が、シンカーを軽くすることで対応できたのかもしれない。

寒波襲来の影響か?完全無欠の無とともに冬シーズン本格スタートか!? 2018年12月27日

今後は今回使用した約3.2gのシンカーをメインで使用し、これまで取れなかった魚の水揚げに全力を尽くす所存である。

諸君らも釣れない時はシンカーを軽めに設定してみることをオススメする。以上である。