バスが頭を向ける風上に向かってルアーを引いてくると釣れるのか!? 2019年3月15日

琵琶湖・北湖東岸で釣った40UPのブラックバス

しばらく放置していた監視業務のために小生の水溜り「琵琶湖」へ出撃。

湖西エリアで小バスを水揚げした後、北湖東岸エリアに上陸したところ、かろうじて40UP一匹の確保に成功。

同じ場所に撃っても反応の有無が違うのは風の向きに起因しているのだろうか?風上に向かってルアーを引いてくるのが釣果UPのコツなのだろうか?

釣りに行った日時・場所

  • 2019年3月15日(金)22時頃〜1時頃
  • 琵琶湖・湖西エリア、北湖東岸エリア
  • 今年24回目の釣行(琵琶湖19回 海5回)

「おったなぁ」or「ホゲーリー」な旅

この日は半月ぶりくらい?に琵琶湖への出撃を果たした。長らく琵琶湖から離れてしまい、諸君には大変申し訳ないことをした。小生のいない琵琶湖バスフィッシングほどつまらないものはないのだから。

本当はこの日も海釣りに行く予定だったが、奥さんが外食したいとおっしゃっている。そのせいで出発時刻が遅くなってしまう。ただただウザイ。そんなわけで仕方なく行き先を琵琶湖にしただけなのである。

季節は進行し早春の琵琶湖。何か釣れるだろうという期待感と共に、ホゲーリー(ボウズのこと。)になったらどうしようと言う不安感もある。

「おったなぁ」なのか!それとも「ホゲーリー」なのか。小生の戦いが幕を開ける。(キリッ)

ちなみに「おったなぁ」っていうのは、バスプロの「菊元俊文氏」が釣ったら発動する名セリフ。さも、そこに魚がいることを分かっていたかのように言うと効果的である。

この時期に小バスがおったなぁ!?

現地調査を兼ね、まずは北湖西岸エリアへ出撃を開始。いいサイズが釣れたらそのまま北上を続ける巨バスジャーニー。

水位は大分上昇しており、ドシャローゾーンもボトムが見えない状況。風は無いが湖面はウネウネしていた水も動いている模様。これは期待できそうである。

そんな期待感とともに、いつものダウンショットリグでサーチを開始。あやしい地点を中心にサーチし続けると、「コツン」とバイト。

ありがとうございました!即座にフッキングすると魚の形をした何かが飛び込んできた。「おったなぁ。」

琵琶湖・北湖西岸で釣ったブラックバス

残念ながら小バスには用は無い。雨も降ってきたので、ポイントを変えることにした。

2回目にバイトが出たのは偶々か?

雨が降り続く中、Amレインボーブリッジ(旧・琵琶湖大橋)をわたって北湖東岸エリアへイン。第1チェックポイントからサーチを開始。

先行者は一名のみ。近くを通り過ぎるときに40cmほどの魚を計測中であった。

風が結構強くて波はザップンザップン。まずはシャローゾーンをチェック。残念ながら無。特に期待大だった地形変化+ハードボトムなエリアも無。水位が増えているので魚が入っているかと期待したがだめだった。

続いてディープ方面を探索することにした。が、撃ち始めてからこっち方面ではないと感じる。水が増えているのにわざわざディープを狙うこともなかろう。狙うべくはザ・シャロー!(キリッ)

元の場所に戻りつつダウンショットを適当に撃ち込んでいると、生命反応あり。そこはさっき撃った場所なのだが、なぜさっき食わなかったのか?その点が気にいらないが水揚げ。

琵琶湖・北湖東岸で釣った40UPのブラックバス

もう数cm欲しいところだが、「おったなぁ」である。釣れたのはいいのだが、このままでは帰れない。雨で非常に不快だが、次の最終ポイントに進路を向けたのである。

なんか水面がチカチカしている

小生のポイントへイン。このポイント内の3ヶ所をグルグル周回することで、そのうち50UPが釣れるという必釣トライアングルポイント。

カレントのあるワンドが釣れる?北湖東岸ダウンショット釣行 50UP 2018年4月2日

そんなポイントに異常あり。なんだか湖面にライトがチカチカ光っている。そしてなんかたくさん浮かんでいる。

気にせず釣りを開始。同じ場所を繰り返しネチネチするようなことはせず、さくっと探索。今となってはなぜクルクル周回していたのか謎である。

トライアングルゾーンには異常なしだったため、小生の飼っている魚がいるポイントへイン。ここも期待できるポイントだが無であった。

雨のせいで余計に寒いのでここで終了。久しぶりの琵琶湖では40UPが水揚げできたが期待とはちょっと違う。そんなに甘くない琵琶湖ということなのだろう。

風が吹いている方向にルアーを引けば釣れるのか!?

この日は同じ場所に2回撃ち込んだが反応が異なった。一回目は反応なし。2回目でバイトが出た。「そんなことよくあるやろ」とか「たまたまやろ」といって済ませることもできるのだが、知性派アングラーである小生はそれを許さない。

1回目と2回目の違いはルアー(ダウンショットリグ)を引く方向であった。1回目は右から左へ、2回目は左から右へである。

そしてこのときの風の向きは右から左方向。つまり風の向きと反対方向にルアーを動かすことでバイトが出たのである。

一説に魚は水の流れの上流側に頭を向けると言われている。水の流れは風によっても引き起こされるわけで、単純に考えて風上に向かって魚は頭を向けると考えられる。

さらに魚は正面から向かってくるものより、背後から現れるものに反応しやすいらしい。

これらを総合すると、風下から風上に向かってルアーを引くと魚の反応を誘発しやすいということになる。(キリッ)

こういうことは過去に何度も書いた記憶があるが、改めて書いておいた。まぁ、諸君らは当ブログを見てしっかりと勉強しておきたまえ。考えすぎるのはよくないが、考えなさ過ぎるのはもっと良くないのである。

以上である。