小バスしか釣れないけどサギがいたのでベイトが入ってきている模様 2019年3月20日

琵琶湖・南湖エリアで釣ったブラックバス

「あ~~、全然釣れね~~」的な今日この頃、ホゲーリー一歩手前の極貧釣行を繰り返してしまった。

「まぁそのうち釣れまくるやろ」と考え、小生の苦行はこれからも続くのであった。

良い知らせとしては、サギがたたずんでいたということ。ベイトフィッシュが入ってきている様子であった。

釣りに行った日時・場所

  • 2019年3月20日(水)21時半頃〜4時頃
  • 琵琶湖・南湖エリア、北湖東岸エリア
  • 今年27回目の釣行(琵琶湖21回 海6回)

前夜のリベンジ釣行

実は翌木曜日が休日だということを前日に知った小生。本来なら海へ出撃するところだが、イメージトレーニングと道具の準備不足に加え、出撃開始時刻が遅くなってしまったため、この日は水溜り「琵琶湖」へ出撃することとした。

ちょうど前夜は微妙な魚しか釣れなかったので、今夜はそのリベンジ釣行という位置づけで50UPの水揚げを目論んだ。

春爆を期待して南湖と北湖をランガンしてみたけど50UPが釣れない 2019年3月19日

まるで浜辺に横たわるセイウチのような奥さんを横目に自宅を出発。もう救いようの無い奴である。

今夜も南湖で小バスを水揚げ

前日と同様にまずは南湖からスタート。前夜釣れた場所でビッグワンが出ることを期待。場所は広くないので10分もあればサーチ可能。開始早々にバイトが出たのだが、犯人は小バス。

琵琶湖・南湖エリアで釣ったブラックバス

30cmくらい?の小バス。なんでやねん。早々に退却し、進路を北湖東岸へとった。

北へ南へ動きまくったが無

この日のハイライトはこれで終わり。あとは無。どないなってんの?

特筆するとすれば、湖底に沈む木に根掛かったラインに根掛かったくらい。すごい重量感ある物体がゆっくり動くので本当の化け物が来たのかと一瞬思ってしまった次第。

北へ南へあちこち動きまくり、あちこち撃ちまくってみたものの異常なし。途中で雨が降り出すなど、状況変化もあったが魚からの反応はなし。

半ば惰性の状態で釣りを続け、結局4時頃までやってみたが無で終了したのであった。

こういう日もあるやろくらいに考え、引き続き修行に邁進する所存である。

一点だけ嬉しい知らせ「サギがいた」

この日、唯一の良いことがあった。サギが湖岸にたたずんでいたのである。いわゆる小生の友達である。

写真を撮ろうとこっそり近づいてみたが、華麗に逃げられてしまったが、たたずんでいたのは間違いなく小生のともだち。約一年ぶりの再会である。

なぜサギが現れるのがいいことなのかというと、それはベイトフィッシュが周辺にいるということが分かるからである。単純に考えてベイトフィッシュがいればバスもいる。つまり釣れるという理屈である。

強風下の北湖東岸で3キロ越えの50UP捕獲 ただし課題は多い 2018年4月4日

この日は異常なしであったが、昨年はサギがいる時期は良いサイズがよく釣れたので、今年も期待できる時期が来たと考えても差し支えないだろう。

何が言いたいかというと、自然観察大事だと言うことである。あとはこの記事をよく読んで学習することをオススメする。

ベイトを捕食する水鳥を知ればバスが釣れる!注目すべき水鳥を紹介