フォールでバイトが出たが干潮でネットが届かず無念のバラシ 2019年4月28日

ベイトフィネスタックルとランディングネット

釣れない水溜り(琵琶湖)と決別し、私たちの母なる海へ向かいチヌ釣りに興じた。

干潮のタイミングだったため、水深があるらしい新規ポイントからスタートしたが数バイトだけで終わり。

信頼と実績のポイントではフォール中にバイトが出たが、干潮で水位が低く微妙にネット(タモ)が届かず無念のバラシ。

長めのネットの必要性を感じた釣行であった。

釣りに行った日時・場所

  • 2019年4月28日(日)21時半頃〜3時頃
  • 大阪湾エリア
  • 今年48回目の釣行(琵琶湖39回 海9回)

水深のある新規ポイントへイン

釣れない水溜り(琵琶湖)で修行するのもいいが、母なる海が小生を呼んでいる。というわけでこの日も大阪湾でチヌのヘチ釣りに興じることとした。

ちょうど現地に到着する時間帯は干潮のタイミング。これまでチヌを水揚げしているポイントは水深が浅いため、干潮では水位が低くなり釣りにくいことが予想される。よって、水深のあるポイントを求めることとした。

チヌのヘチ釣りではリグを軽くすることが大事だが底を取ることの方がより重要な気がした 2019年4月22日

事前のリサーチにより、大型船舶が接岸する有力ポイントを掌握。潮通し(カレント)はよろしくなさそうだが、水位は十分にあることからここからスタートすることとした。

ラインをフロロ8ポンドに変更

今回の釣行にあたっては、ラインを8ポンドのフロロラインに変更した。これまで10ポンドを使用していたが、ラインをより細くすることによってリグを落とし込みやすくするとともに、魚の食いを良くしようという狙いである。

シーガーフロロマイスター8ポンド

この8ポンドフロロラインのベイトフィネスでヘチ釣りを開始。推進派10m以上あるようで、リグを落とし込むと延々と落ちていく。重量が2gもないガン球を使っているので、ボトムまで落とし込むと相当の時間がかかってしまう。

ボトムを探るのであればシンカーを重めにセッティングすればいいのだが、ヘチ釣りの真骨頂は表層から3m以内でバイトを出す「タナ釣り」。これなら手返しよくサーチしていけるのである。(キリッ)

が、タナ釣りは魚が浮いていなければ釣れない。時期的に海水温がさほど高く無いせいか、安定の異状なしであった。

重めのジグヘッドで岸壁沿いをスイミング

表層から3m以内に魚はいないと判断。リグをチェンジすることとした。

選択したのはシンカー5gくらいのジグヘッドリグ。これを一気にボトムまで落とし込み、ゆっくりと巻き上げてスイミングさせる作戦。これでシーバスを釣るのである。(キリッ)

ジグヘッドリグ

狙うのは沖でなく岸壁沿い。これなら岸壁についているチヌも釣れるかもしれない。

手早く沈めて巻き上げてテンポよくサーチ。が、ボトムまで探っているとかなり時間が係るようなので、3m以深の中層をスイミングさせる作戦に変更。

着水後、適当に沈めてスイミング。接岸している大型船舶と岸壁の間を通していると何回かバイトが出たが乗らず。魚はいるようだがチビなのか?

結局、ここでは水揚げにはいたらず。干潮のタイミングから2時間ほどたち潮が動き始めたため、本命のポイントへ向かうこととした。

干潮だとネット(タモ)が微妙に届かない

信頼と実績のチヌポイントへイン。ここではリグをヘチ釣り用に戻して落とし込んでいく作戦を挙行。

シーバスを狙っているらしい釣りを数名を横目にサーチ開始。ロッド2本分くらいのラインを引き出しておいてロッドを水面に近づけていってリグを落とし込んでいく。

表層近くで落とし込んでいる最中にバイトあり。フォール中に初めてバイトが出た。引きもまぁまぁ。40cmくらいはありそう。

釣れないシーバスマンを横目にネットイン準備開始。が、微妙にタモが水面に届かない。水位が低くて届いていない模様。

懸命にネットインを試みるが、何度やっても入らない。そして急にラインテンションが抜けてしまう。いわゆるバラシであった。

ベイトフィネスタックルとランディングネット

いつかはこういうことが起きるかもしれないと思っていたが、現実になってしまった。長さが3mのネットを使用しているが、3mでは干潮前後に水面に届かない事態に陥るのである。もう少し長めのネットを準備すべきだろうか?

ランディングネットは絶対持っておいた方がいい!おすすめを紹介するよ

その後は惰性の釣りでホゲーリー

先ほどのバラシにショックを受けつつも、やっていることに間違いはないことを実感。あとは探りまくって魚との出会いを期するだけである。

が、あちこち探ってみても異常なし。ポイントを変更してみても異常なし。どこを撃っても異常なし。

途中からは惰性で釣りをしだす有様。こうなると釣れる魚も釣れないパターン。あきらめるつもりはなかったので、惰性ではあったが3時まで継続。

結果、何事もおきないまま終了となった。

海釣りでは長めのネット推奨

ネットの短さに起因するバラシにより、今夜はホゲーリーヤマモトという結果に終わった。海釣りする場合は長さが5mくらいある方がよさそうである。

とはいえ、うまくやれば取れていた可能性もあったことは否めない。ネットランディングの技術向上も今後の課題である。

ホゲーリーではあったが、今夜もバイトが出せたことは評価に値する。この調子でチヌ釣りマスターへの道を歩むのみである。