日本三大怪魚の一つ「ビワコオオナマズ」の捕獲に成功!隣の奴が! 2019年6月1日

日本三大怪魚「ビワコオオナマズ」

この日は、昨年からずっと計画していた壮大な作戦を実行に移した。

それは日本三大怪魚の一つである「ビワコオオナマズ」を捕獲するというもの。

ポイントインしてルアーを巻き続けたところ、計画通りビワコオオナマズの捕獲に成功。

隣のはげちゃピンが!

釣りに行った日時・場所

  • 2019年6月1日(土)21時半頃〜2時頃
  • 琵琶湖水系のどこかエリア
  • 今年57回目の釣行(琵琶湖45回 海12回)

ワールドシャウラでビワコオオナマズを狩る(キリッ)

昨年2018年に購入した「シマノ ワールドシャウラ1703R-2」(キリッ)。このロッドが小生の釣り人生に大きな変革をもたらしたことは、聡明な諸君らが知るところである。

2020年度の学習指導要領改定に伴い、歴史の教科書に取り上げられることも決まっている、まさに人類史に残る記念すべき出来事なのである。非常に誇らしい気持ちでいっぱいである。

【釣り人生が変わる】ワールドシャウラ1703R-2のインプレ【世界のワーシャ】

さて、そんなワールドシャウラで様々な魚を狩ることを目論んでいる小生が昨年から計画していたことがある。

それは日本三大怪魚の一つである「ビワコオオナマズ」を捕獲することである。

そして例のあの言葉。ワールドシャウラで釣った時に発するあの言葉。そうあの言葉。言いたい。あの言葉を言いたい。早く言いたい。最近言ってないので言いたい。早く言いたい。

まぁそういうことでこの日はビワコオオナマズを本気で狙いにいくことにしたのである。

そして今回、偉大なる小生のためにガイドを申し出てきた人物がいる。「たこ焼きの具がどうとかいう」訳のわからないことを言っている下級国民「T氏」である。今回は彼に全てをゆだねることにした。

「おい、上級国民である小生にしっかり釣らせろよ。」である。

上級スピナーベイト巻いちゃうぞ〜!

21時半頃に現地着。いきなり遅刻してきやがるT氏。まったくふざけた野郎である。

早速釣りを開始。この日のために適当にルアーを持ってきた小生。さらに、この日に備えて久しぶりにルアーを購入しておいた。

ビワコオオナマズ用に購入したルアー

まぁナマズごとき、適当に巻いておけば釣れるやろうという考え。カラーリング的にはキラリと光りそうな奴を選んでおいた。まさに上級思考。

が、T氏曰く「スピナーベイトマジオススメ」である。仕方ないので小生の手持ちであった「O.S.P ハイピッチャー」を準備。上級スピナーベイトで釣りを開始した。

まずは奥の方からスタート。ここらは水深が浅いゾーン。ここでは開始早々に2バイトが出たものの、乗る様な感じではなかった。

しかし、生命感があって大変よろしい。ちなみに風が結構な勢いで吹いていて、湖面もそこそこざわざわしている状況。

今夜は釣れる気しかしない。(キリッ)

ミノーとクランクベイトには異常なし

周辺をサーチしたが反応がなくなったのでルアーチェンジ。

昨年から使い始めて「デプス イヴォーク1.2」である。あのアムケンがプロデュースしたことで有名なルアー。だが今夜は異常なし。

次に「O.S.P ルドラ SP」を投入。そういえば昨年の春先にこれで釣った記憶が鮮明に残っている。そのイメージで今夜はビワコオオナマズを狩る(キリッ)

春といえばルドラSP!増水した湖西のシャローをただ巻きして50UP 2018年3月9日

というか、久しぶりにルドラを巻いてみたが、巻いてる感が全然感じられず、集中力が維持できない。これではない。

一方、スピナーベイトを巻いているT氏にはバイトが出ているらしい。1匹かかったがラインブレイクもしたらしい。

それを踏まえ、小生もスピナーベイティングでいくことにした。

ビワコオオナマズの捕獲に成功!はげちゃピンが!

バイトは出るものの乗らない。ナマズ特有のなかなか乗らない奴である。

そんな中、ついにビワコオオナマズの捕獲に成功したのである。隣で釣りをしていたT氏が。はげちゃピンが。

しかもランディングサポートする羽目になった小生。どこかで同じ様なことをした記憶があるが、なかったことにしておこう。

日本三大怪魚「ビワコオオナマズ」

小生が釣ったわけではないので震えないし強い感動もないが、その大きさに驚愕。でかい。

琵琶湖博物館以外で初めて間近にみるビワコオオナマズは、小生の釣りたいという気持ちを高ぶらせるのに十分であった。

それにしても、今夜のT氏はガイド役であったはずだが、小生を差し置いて釣ってしまうという非道さ。しかもT氏がビワコオオナマズを両手にもつ写真を取らされる小生。

フザケンナ。上級国民にたてつく悪い奴である。

その後は異常なく終了

途中から別の釣り人が現れたこともあり、別の場所へ移動。

適当にクランクベイトを投げ続けたが、小生の愛すべきワイルドハンチSRが殉職しただけであった。これもT氏の罠なのか!?

時間をおいたので最初のポイントへ戻る。さきほどの釣り人はいなくなっていた。

気持ちを新たにスピナーベイトを投げ続けたが、バイトは出るものの乗らない状況が続く。出てこいやビワコオオナマズ。

で、2時頃?になったので終了。今夜はこれくらいにしといてやるわ(キリッ)

ということで、ビワコオオナマズが水揚げされる瞬間をこの目でみた小生。ビワコオオナマズを水揚げしたい気持ちがより大きくなった次第。

ワールドシャウラあるあるを早く言いたかったのだが次回に持ち越し。早く言いたいワールドシャウラあるある。

それにしても今夜はT氏こと、はげちゃピンの悪どさが露呈した夜となった。これまでも、これからも徹底的にディスっていくことを誓った夜であった。

以上である。