「デプス デスアダー6インチ」ノーシンカーリグのスイミングはタイミングが合えば無茶釣れる 2019年7月9日

デスアダー6インチのノーシンカーリグで釣ったブラックバス

今夜もポイントを新規開拓するために琵琶湖へ出撃。

イヴォーク1.2でサーチを開始すると、反応したのはブルーギル。実績エリアではデスアダー6インチのノーシンカーリグで40UPを4匹水揚げして終了。

サイズは出なかったものの、「デプス デスアダー6インチ」のノーシンカーリグのただ巻きがハマった釣行であった。

釣りに行った日時・場所

  • 2019年7月9日(火)21時頃〜0時頃
  • 琵琶湖・南湖エリア
  • 今年72回目の釣行(琵琶湖54回 海18回)

今夜もポイントの新規開拓しちゃうぞー!

さらなるパラダイスポイントを求めて今夜も新規開拓を挙行した。

最近は新規開拓にハマっているが、それまで開拓をサボっていたことの反動なのだろうか。

それにしてもブログの更新をサボると後が大変。今は数日分をまとめて書いているが、ただただ苦痛。書く内容もかなり適当になってしまう。

このブログっていつまで続けるのか自分でも分からないが、終焉を迎える時が確実に近づいている気がしている。

文章量を減らすなどして、ブログ更新の負担軽減をしなければならない。

イヴォーク1.2にブルーギルが反応

信頼と実績のイヴォーク1.2でサーチ開始。このルアーで反応がなければ魚はいない!(キリッ)と思うほど、信頼を置いているルアーである。

サーチ開始早々にバイトが出たが乗らず。続いて出たバイトは乗ったが、何かがおかしい。ウィードが引っかかったか?

イヴォーク1.2で釣ったブルーギル

琵琶湖でチヌが釣れた!!

今や琵琶湖では貴重なブルーギル。ブルーギルの数は以前よりかなり減っているらしい。ある意味バスより貴重な魚なのである。

続けて出たバイトもブルーギル。この新規ポイントはブルーギルポイントなのか?水通しが良い場所なので巨バスが潜んでいると考えていたが、巨チヌポイントだったのか!?

いつものポイントでデスアダーをスイミング

新規ポイントの不甲斐なさに絶望し、最近行っている実績ポイントへイン。

イヴォーク1.2を降板させ、「デプス デスアダー6インチ」を登場させる。これを巻いてスイミングで使う。

デスアダーのスイミング、ただ巻き釣法は湖西エリアでも折り紙つきである。

デスアダー6インチノーシンカーをデッドスローリトリーブで55アップの湖西バス捕獲 2017年10月8日

そんな期待をデスアダーは裏切らない。40UPのラッシュとなった。

デスアダー6インチのノーシンカーリグで釣ったブラックバス

40cmくらいから45cmくらいの魚が合計で4匹。先ほどのブルーギルエリアとはえらい違いである。

50UPが釣れないのが気に入らないが、そこそこ数釣りを堪能することができたため、今夜はここで終了となった。

デスアダーのスイミングまじ釣れる

この日はデスアダー6インチのノーシンカースイミングに反応が多く得られた日であった。

もちろん、その日のバスの傾向によって反応がない日もあるだろうが、よく釣れることは事実である。

よく釣れるのだが、引き抵抗がほとんどないため、釣ったことがない人にすれば釣れる気がせず、すぐに飽きてしまう傾向があるようだ。

小生も以前はデスアダーで釣れる気がしなかったが、1匹釣ってからは釣れる気がして使うようになった。

偶然か?必然か?デス6の巻きで40アップ2本捕獲 2017年10月5日

タイミングが合えば釣れることは間違いないので、デスアダーが苦手な人は小生を信じて巻き続けて欲しい。

早めにリールを巻かないと沈んでいくイメージがあるかもれしれないが、思っているよりワームは浮いているので、ゆっくり巻いても大丈夫である。

諸君の健闘を祈っている。