懐かしの湖西エリアをクランクベイトでランガンしてきたら狙い通りのニゴイが釣れた 2019年7月22日

琵琶湖・湖西エリアで釣ったニゴイ

今の流れなら湖西エリアでも釣れるはず!そう考え巻物系ルアーを携えて湖西エリアへ出撃開始。

「デプス イヴォーク1.2」をひたすら投げ続けた結果、2バイト1ニゴイに終わった。

狙い通りのニゴイを水揚げすることができた完璧な釣行であった。(キリッ)

釣りに行った日時・場所

  • 2019年7月22日(月)21時頃〜1時頃
  • 琵琶湖・湖西エリア
  • 今年79回目の釣行(琵琶湖60回 海19回)

今なら湖西エリアで釣れるはず

ここ最近はホゲーリーヤマモトとは無念の釣行を重ねている。さすが小生である。

以前から狙っている国民栄誉賞、そんなキーワードが頭にちらついて仕方がない。そろそろお声がかかるはずなのだ。

そう考えるとさすがの小生もやや緊張気味。そんな緊張を和らげるために、今宵も琵琶湖へと進路をとったのである。

最近行っている南湖での釣りにも飽きてきたので、舞台を大きく変えて湖西エリアで釣りをすることとした。

いわゆるかつての小生のホームグラウンド。時期的に雨が多くインレット周りが熱いはず。

今ならクランクベイトを巻いていれば釣れる気しかしない。そんな訳で久しぶりに湖西エリアへ向かったのであった。

無人の湖西エリアをひたすらランガン

21時頃に現地着。誰もいない。

クランクベイトでのランガンを開始。北のほうから南の方までランガンする作戦。どこかで釣れるはずなのである。

到着時点でまぁまぁの風、そして湖面がうねっている。もはや釣れる気以外しない。琵琶湖が歓迎しているのだ。

たしか以前この辺で釣れたはず!(キリッ)という思い出と、手元に伝わるイヴォークのプルプル感をシンクロさせ、魚からの反応を待った。

が、異常なし。この時期ならウィードが生えているゾーンもサーチしてみたが、ぜんぜん引っかかってこない有様。

イヴォークのプルプル感が伝わってこない時もあったので、水はかなり動いている模様。

1ヶ所で粘らずにランガン。時折魚が跳ねているので期待感に胸が膨らむが異常なし。

デカバス回遊エリアで少々時間を費やしたが異常なし。今夜は回ってこないらしい。

こういう状況に陥ると、以前は釣れる気がしなかったのだが、今は釣れる気しかしない。

ついにとらえた!ニゴイ!

今まで一度もデカバスが釣れたことがないデカバスエリアへイン。ややゴロゴロしているエリアなので根掛かりに注意しながらイヴォークを巻き続けるとついに反応あり。

琵琶湖・湖西エリアで釣ったニゴイ

今夜狙っていたニゴイである。誰もバスを釣るとは言っていない。狙い通りのニゴイ。国民栄誉賞が確定した瞬間であった。

その後、魚がたまりやすいエリアへイン。魚のバシャバシャ具合が他よりも激しかったため、期待しながら巻き続けると期待通りのバイト。

おっしゃキターーー!とフッキングすると乗らず。感じ的にニゴイだったと思われる。残念である。

そんなところで疲れてきたので、この辺りで終了となった。

湖西エリアでもクランクベイトおすすめ

湖西エリアでクランクベイトってあまり聞かないが、国民栄誉賞を授与される予定の小生のオススメである。

飽きずに投げ続けられる。水深、湖底、ウィードの状況が感じられる。針がいっぱいついてて魚に引っかかりやすい。

そこの諸君も、もう釣れる気しかしないはずである。

根掛かりが恐ければ中層をゆっくり巻くだけでも釣れる、ニゴイが!

ということで、また気が向いたら湖西エリアにも顔を出す所存である。

以上である。