12月の強風下でも小バスが釣れるので晩秋が長らく続きそうな今年の琵琶湖 2019年12月20日

琵琶湖・北湖東岸で釣った小バス

巨バスとはなんぞや!?その真理を求めるために琵琶湖・湖西エリアへと出撃。

最初に向かった湖西エリアの調子が思わしくないことから、急遽湖底トンネルで北湖東岸の大地へイン。

まぁまぁの強風下の中、バイトを得ることに成功したが犯人は小巨バス。

まだまだ秋が色濃く残る琵琶湖なのであった。

釣りに行った日時・場所

  • 2019年12月20日(金)21時頃〜0時半頃
  • 琵琶湖・湖西エリア、北湖東岸エリア
  • 今年124回目の釣行(琵琶湖101回 海23回)

ビールと野菜スティックを買ってこい

巨バスとは一体なんなのか?実在するのか?そんな疑問がふと湧いた。

そんな真理を探求するため、今宵も孤高の釣り師小生は琵琶湖へと向かったのであった。

愛する家族との別れはいつだって辛い。今生の別れとなるやもしれぬ中、愛妻から発生られた言葉は以下の通り。

「おい、ビールと野菜スティック買ってこいよ」

愛情表現の一種であることにして、華麗にスルーしてそそくさと自宅を後にした。

湖西エリアはギルしかいないのか

今夜も成金リールである黄金のカルカッタコンクエストの部品は入荷せず、使用することができない。よってスピニングタックルによるダウンショット釣行に興じることとした。

湖西エリアの第1チェックポイントへイン。ここでは明確で強烈な「ドゥンッ」というバイトが出たが、犯人は巨ギル。写真撮影前に逃亡されてしまう。この時期にブルーギルはまぁまぁ萎える。

次に本命ポイントへイン。本命といっても今まで小バス一匹しか水揚げしていない場所。しかし場所的、地形的には巨バスが潜んでいてもおかしくないはずである。

弱い風が吹いていて、やや湖面はゆらゆら。釣れる気しかしないが、釣れた試しがない。今夜もなんの反応もなし。反応がないだけに巨バスを期待したいが、誰もいない模様。

次のポイントも異常なし。

その次のポイントは、先日の釣行で巨バスを確認した場所。今夜は魚がいることを前提に丁寧にダウンショットでサーチしてみたが、反応なし。今夜は本当にいないらしい。

次の小巨バスのピンポイントは今夜は不発。

強風の北湖東岸で小巨バスで萎えた

湖西エリアが危ない!Save the 湖西である。

帰りたい気持ちになってきたが、時間がまだ早かったので急遽北湖東岸へ向かうこととした。

今年の7月に開通したプライベート湖底トンネルを通って北湖東岸の大地へ上陸。第1チェックポイントへイン。

謎の先行者をスルーしてサーチを開始。まぁまぁの強風と波でこれはマジで釣れそう。

風が当たって波立っているサイドの反対側をサーチしていくと、これまでわかりやすいバイトが出た。

巨バスであることを確信してフッキングしてみたが、カツオの一本釣りを体験しただけであった。

琵琶湖・北湖東岸で釣った小バス

この荒れた状況で小巨バスはやめていただきたい。

帰りたい気持ちを抑え釣りを継続したが、根掛かりしてラインが切れたので終了。

巨バスとはなんぞやの謎を解くことができず終わったのであった。

今年の琵琶湖はなんか変?

皆が口ずさんでいる言葉「今年の琵琶湖はおかしい」。確かにおかしい。

もしかしたら小生のプライベート湖底トンネルのせいなのか?そうだとすれば申し訳ない。

水温が例年より高めを推移しており、気温も全然下がらない昨今、晩秋の微妙な期間が長く続き、厳冬期が短いことになりそうである。その証拠に未だにブルーギルや小バスが釣れている。

難易度の高い今年の琵琶湖を前に、諸君らは自宅待機しておくべきだろう。あるいはバス釣りをやめたほうがいい。琵琶湖はそんなに甘くないのである。(キリッ)

以上だ。