風で湖面がジャバジャバしているドシャローにダウンショットを投げ込んだら落ちパク 2020年1月1日

北湖東岸で釣れたブラックバス

10日ぶりくらいに琵琶湖へ出撃。ダウンショットリグを用いて湖西エリアでブルーギルの反応をたしなんだ後、北湖東岸へ向かい1匹水揚げ。

サイズアップを目論んでランガンした結果、40後半の魚が落ちパクで食ってきた終わり。

やはり水中はまだ秋ということらしい。

釣りに行った日時・場所

  • 2020年1月1日(水)22時頃〜1時半頃
  • 琵琶湖・湖西エリア、北湖東岸エリア
  • 今年1回目の釣行(琵琶湖1回 海0回)

湖西エリアでブルーギルをたしなむ

先日から体調を崩し釣りに行く気が起きなかったが、体調はやや改善。諸君らには多大なる心配をかけたことと思うが、世界をまたにかける小生に免じて許してほしい。

10日ぶりくらいの琵琶湖。この日を逃すと年始は釣りに行くことが難しそうだったため、面倒であったが諸君らの期待に応えるために出撃を結構した次第。

まずは湖西エリアからスタート。この時期安定のダウンショットリグによるランガンである。

微風が吹き湖面がゆらゆらしている中、ダウンショットリグでサーチ開始。ワームは「レイン ロックバイブシャッド3インチ」。安くて針持ちまぁまぁで釣れるのでマジオススメ。

reins(レイン) ルアー 3インチ ロックバイブシャッド FW 4 スカッパノン
  • レイン(reins)
  • 価格   ¥ 437
  • 販売者 ルアー&ボート バックラッシュ(日曜・祝日は定休日となります)
クリックして今すぐチェック

一通りサーチし切ったが異常なし。最後にオーバーハング下に打ち込んだところ、弱々しいブルーギルの反応あり。まだブルーギルが活動できる水温らしい。

ここで適当なサイズが釣れたら直帰する予定だったが、ホゲーリーで帰るわけにはいかない。湖西エリアを見切って北湖東岸へ向かうこととした。

安定のポイントで水揚げしたが小バス

蓬莱山と伊吹山を繋ぐ琵琶湖ロープウェイで北湖東岸へイン。便利になったものである。

まずは第1チェックポイント。人気のポイントだがこの日は無人。ヒャッホーである。

ここでも一通りサーチを結構。釣れるはずの場所で反応なし。いないはずがないので探りきれていないのか?

このポイントは北西からの風がやや強め。そんな風が当たっている面のシャローゾーンをスローにサーチ。ダウンショットリグのシンカーでボトムを感じるボトム付近をサーチしているところでモゾッとしたバイトあり。

北湖東岸で釣ったブラックバス

犯人はこちら。40cmちょっとの小バス。ワームは安定のロックバイブシャッド。

しかし釣りたかった魚はこれじゃない。サイズアップを目論見次のポイントへ向かった。

魚がいないはずがない場所で無

たて続けに二ヶ所をランガン。一ヶ所目もまぁまぁ風がある中、慎重にサーチしてみたが無。魚がいないということは考えにくいポイントであるため、取りこぼしているとしか考えられない。このポイントとは相性がよくないのか?

次のポイントはシャローからディープをサーチできる場所。先日の釣行ではここのディープゾーンで小バスとブルーギルの反応があったが、今夜は無。何かがおかしい。ここも魚がいないとは考えにくいため、何かが間違っている模様。

風が結構な勢いを増してきた。まさに苦行状態。病み上がりの体に応えるのでこのまま帰ろうかと思ったが、最後にもう一ヶ所だけ撃って終わることとした。

いつもは車で移動するが、この日はなんとなく歩いて移動。この移動が魚を呼び寄せたらしい。

ドシャローで落ちパク

最後のポイントへイン。ここは水深30cmから1.5mくらいに変化しているゾーン。そんな場所の水深60cmほどのところでダウンショットリグをキャスト。そのままテンションフォールさせるとバイトあり。いわゆる落ちパク、ラッキフィッシュである。

落ちパクで食ってきたブラックバス

ネットインした見た目は50UPだったため、久々に板メジャーに載せてみたが40後半の魚。丸っこかったので勘違いしてしまった。(てへぺろ)

もう少し他の場所も撃ってみたが反応なし。ここで終了することとした。

寒くてもドシャロー狙いおすすめ

寒いと言ってもたいして寒くないが、こんな時でも魚はドシャローに潜んでいることがある。

冬といえばディープゾーン狙い、ボトム狙いがいいとよく言われるが、そうとも限らない。今夜最後に釣れた魚は水深60cmくらいの場所に潜んでいたのだから。

しかも風がまぁまぁ吹いていて、波もジャバジャバしている状態。こんなところに魚がいるはずがないと多くの釣り人は考えるであろう状況。そんな場所にも魚はいる。風と波で流されてきたベイトフィッシュを追い込んでいたのだろうか?

先日から諸君らに言っている通り、変な先入観は可能性をなくすだけの阻害要因。少しの可能性も見逃さず、柔軟な発想で釣りに望むことが釣果アップへの秘訣なのである。(キリッ)

終わり。