爆風の中いろいろ投げて見たけど釣れる気がしなくてすぐ帰った話 2020年7月1日

自作クランクベイト「ホゲーリークランク」

サクッと釣ってさっさと帰る作戦を立案して琵琶湖監視業務へ出勤。まぁまぁの爆風できたことを後悔しながら色々なルアーを投げてみた。

が、釣れる気がしないので早退することとなった。そんな心温まる物語である。

釣りに行った日時・場所

  • 2020年7月1日(水)22時頃〜22時半頃
  • 琵琶湖・南湖エリア
  • 今年55回目の釣行(琵琶湖43回・海12回)

爆風とか聞いてないし

イージーな琵琶湖。小生にとって琵琶湖はイージーフィールドである。釣れないはずがない。釣れる以外の選択肢が選べない。まさに天に与えられし者、貴様らとは格が違うのである。

ということで今夜も適当な魚の引きを担当してさっさと帰る作戦を立案。天気予報の風予報も風力2くらいのまぁまぁコンディション。申し訳ない、今夜も釣ってしまう。

少々遅めの時間帯に出勤して南湖エリアへイン。様子がおかしい。風力2くらいではない。まぁまぁの爆風。そこそこの台風規模。こんなに風が強いとは聞いていない。

ポイントインせずに帰還することも検討したが、わざわざここまできて帰るのも世界の子どもたちに申し訳ない。天から与えられし者の責務、適当な魚を釣って帰らなければならない。本当に困っちゃう。

色々投げてみたが釣れる気がしない

結構な爆風の中ポイントイン。冬の日本海にような荒波が押し寄せている。まぁまぁ釣れる気がしない。しかしながらこんな荒れ模様の時こそバケモノが動く。つまり今夜はハチマルの日。世界記録を更新する日なのである。

自身を鼓舞してまずはクランクベイト「デプス イヴォーク1.2」でサーチ開始。風に煽られるラインと波に揉まれるイヴォークできちんと泳いでいる感がしない。つまり釣れる気がしない。

次にデスアダー6インチのノーシンカーをキャスト。ノー感じを通り越して無の境地。

次に1/4ozのジグを使ったスイムジグ。ラバーが空気抵抗となって全然飛ばない。

以前に購入した「デプス ブルーシューターJr.」。こんな荒れている時こそビッグベイトと思ったが、何がどうなっているのかわからず、殉職の危険性を加味して終了。

もう何を投げても釣れる気がしないやつ。風裏をめがけてポイント大移動を検討したが、面倒臭さマキシマム。やってられない。

今夜はハチマルの日ではなかったようなので、早々に退却して我が家へ帰ったのであった。

天から与えられし者であっても、天命には逆らうことができない。我が家の奥さんにも逆らうことができないのと同じである。諸君らもくれぐれも調子に乗って奥さんに逆らうことがないよう気をつけるがいい。