夜の大阪湾ヘチ釣りに出撃してみたが状況厳しく小魚とキビレが釣れただけ 2020年8月11日夜の部

ヘチ釣りで釣ったキビレ

琵琶湖での朝マズメチャレンジに失敗したのち、夜のヘチ釣りの部へ出撃。夜の部も全然反応が得られない中、ステイからのバイトに小魚が出撃。

ポイントを変えてからも異常なし。ボトム付近をサーチして、なんとかまともなサイズのキビレを水揚げして終了。

ヘチ釣りのスライダー釣法に着手する必要があるようだ。

釣りに行った日時・場所

  • 2020年8月11日(火)21時半頃〜1時半頃
  • 大阪湾エリア
  • 今年69回目の釣行(琵琶湖51回・海18回)

夜は大阪湾に出撃

この日の朝は琵琶湖へ出撃。朝マズメにイージーに巨バスを水揚げする予定だったが、小魚を2匹釣るだけで終わってしまった。このままで8月11日を終えるわけにはいかない。ということで夜は大阪湾へ向かい、ヘチ釣りで巨チヌを水揚げすることにしたのである。

ちなみに風が弱ければ淀川チニングでもよかったのだが、結構な風が吹いているようだったのでヘチ釣りにした次第。

まずはいつものポイントへイン。この辺は風裏になるので風のことは考えなくても良い雰囲気。サクッと釣るつもりだったがなかなか反応なし。違和感は何度か覚えるが合わせても空を切るだけ。

ワームを落とし込んで行く途中でひっかりを感じる場所がある。イガイを始めとした貝なんかが付着しているのだろう。そんな引っ掛かりを感じる付近で留めおきしてチヌのバイトを誘っているとバイトあり。アザマス。

ヘチ釣りで釣ったチヌ

釣れたのは良いがサイズは極小。手乗りサイズである。ともかく今まで釣ったことのないパターン、ステイからのバイトを体験できたのは収穫であった。

新規開拓を試みた

いつものポイントでサーチし続けたがそれ以降は異常なし。こういう時は新規開拓するに限るので、事前に調査しておいたポイントへ向かった。どうやらここは垂直壁ではなく、オーバーハング形状になっているらしい。

そんなポイントでサーチ開始。不審人物や先行釣り師に混じっての釣行である。先行釣り師も壁際を狙っているらしい。ここはやはり釣れるのか。

が、そんな期待もむなしく何も釣れない。まじ釣れない。困っちゃう。

それでも何かを釣って変える必要があるため、懸命のサーチ。本当は表層付近だけをサーチして手返しよく広範囲をサーチしていきたいが、釣れない状況ではボトム付近までサーチする必要がある。

そんなことをしているとボトム付近で異常あり。根魚のような引きだったが上がってきたのは40cmないくらいのキビレ。釣れたのでよし。

ヘチ釣りで釣ったキビレ

その後も軽く流してみたが異常なし。ポイントを変えて巨チヌを探すことを検討したが、眠いし面倒になってきたのでここで終了。微妙な釣果で夜の部を終えた。

スライダー釣法が必要なのか!?

単に真下にワームを落とし込むだけの釣りには限界があるようだ。特にオーバーハング形状の岸壁を釣りをする場合、オーバーハング下にワームを落とし込まないと巨チヌは釣れないらしい。いかに壁に沿ってワームを落とすかどうかが釣果に影響するからだ。

目印付きの落とし込みではスライダー釣法でオーバーハング下に落とし込むらしい。これをワームのヘチ釣りで再現すれば釣れるのかもしれない。やってみる価値はある。

次回以降はスライダー釣法を試行することを一つの目的として出撃する次第である。以上だ。