デスアダーで釣れると残念な小型サイズの湖西のブラックバスが釣れた 2020年9月28日

この日も湖西エリアへイン。いつもと違うエリアからスタートし、開始早々にバイトが出たが残念なサイズ。その後は何も起きないという残念な結果であった。

釣りにいった日時・場所

  • 2020年9月28日(月) 夜
  • 琵琶湖・湖西エリア

デスアダー6インチで釣れると残念なサイズ

愛する家族を放置して湖西エリアへイン。この日も「デプス デスアダー6インチ」を駆使して巨バスの水揚げに望んだ。

いつもと違う方面からインしてサーチ開始。開始早々に反応が得られたので「フィッッッッッッッシュ!!!」と雄たけびをあげながらフッキング。登場したのは30UPのメダカクラス。

デス6でこのサイズはいただけない。ご遠慮いただきたいと全世界のブラックバスにお伝えしたい。

その後は何もなく終了。メダカ一匹で帰路についた小生であった。

奴らはなぜ食いついてくるのか

今回は30UPのブラックバスがデスアダー6インチに食いついてきた。自分より大きなルアーにブルーギルが食ってきたりもする。なぜ奴らは食いついてくるのか?

捕食のため?それとも威嚇?あるいは何となく?

魚に聞いてみたいが、魚とコミュニケーションをとることができるのはいつになるのだろうか。その一方でコミュニケーションが取れることにより魚釣りは虐待に成り下がるという危惧がある。

まぁどうでもいい話だ。以上である。