琵琶湖・湖西エリアで小魚たちとダウンショットエンジョイフィッシング 2020年10月

巨大なクレープで琵琶湖バサーにおなじみのビーパス年輪の深夜営業にインするために出撃するなど、10月は湖西エリアへ何度か訪問。小魚しか釣れずお寒い釣行となった。

釣りにいった日時・場所

  • 2020年10月
  • 琵琶湖・湖西エリア

巨大クレープ屋「ビーパス年輪」閉まってた

深夜の時間帯はどのような営業形態なのかを確認したくなったため、一路「ビーパス年輪」へ出撃。良く分からないネーミングのこの店は巨大クレープで有名なクレープ屋。と思わせといて本屋でもある。さらにパソコン教室も併設。本当に良く分からない。

しかしながら、この流れでいくと深夜は営業形態を変え別事業を企てている可能性がある。いったいどんな店なのか。合法なのか?それを確認するために出撃を決意。ついでに釣竿をもって年輪へと向かった。

その結果、閉まってた。23時ごろにうかがったのだが、閉まってた。夜営業はやっていないのか?それとも小生の気配を察知し、本日は営業をとりやめたのか?なぜは深まるばかりである。

小魚しか釣れない

仕方なく釣りをすることに。ダウンショット釣法で小魚ゲット。

他の日も小魚。小魚しかいなくなりました。

そしてホゲーリーの日も。ワールドシャウラであれこれ投げまくった後、ダウンショットしてみたけど異常なし。

もうやってられない。この怒りを静めるために年輪に向かってみても、閉まってた。もうどうにもならない。

終わり。