Googleアドセンス広告掲載30日間停止という悲劇を受け止める

2017年11月23日ブログ運営

頭を抱える女の子

いつも大変お世話になっております。当ブログ「琵琶湖バス釣り名人伝」の主催者Amでございます。

今回は、釣りとは関係のない話ですが、ぜひご覧ください。

実は、この度、ちょっとした悲劇に見舞われました。

何が起きたかと言いますと、当ブログへの広告掲載が30日間停止となった次第です。

この悲劇をブログの記事として吐き出すことで、自分を慰めようという趣旨でございます。語調は、あえていつもと変えております。

【2017年12月23日追記】
30日間の停止期間を経て広告掲載が再開されました!

なお、この記事を書いている2017年11月22日(水)は、釣具屋経由で22時ごろから琵琶湖に向かいましたが、何か気分が乗らないので、引き返して今自宅です。

雨が降っており、行ったとしても釣りに集中できないので釣れない、と判断した次第です。

Google アドセンスとは、ブログへの広告掲載

当ブログでは、Google Adsense(アドセンス)という広告サービスを利用して、広告掲載を行なっております。

掲載された広告がブログ閲覧者によってクリックされた時に、収益が発生するという仕組みになっており、大変恐縮ながら幾ばくかの収益を頂戴してまいりました。

今回は、その広告掲載がGoogleの意向により、2017年11月21日からの30日間、つまり、2017年12月21日まで停止されることになったというわけです。

なぜ広告掲載が停止されたのか?

詳細は割愛しますが、「広告が不正にクリックされた」というのが、広告が掲載された理由のようです。

Googleの方針として、広告掲載停止の詳細理由は公開されないため、具体的な理由は分かりませんが、30日間掲載が停止されるという事実は変わらないようです。

広告が掲載されないということは、当然、収益も0ということです。

何のためにGoogle アドセンスを利用しているのか?

お金が欲しいというのは2番目の理由です。(キリッ)

1番の理由は、ブログ更新のモチベーション維持のためです。(キリッ)

当ブログは本当にしょうもない記事ばかりですが、より多くの方に見ていただきたいと考えております。

特に、初心者バサーのお役に立てればと考えているため、釣行の様子だけではなく、私なりのルアー論や、釣り方解説を記事内に折り込むなど、記事に工夫を凝らしているつもりです。

広告による収益の大小は、アクセス数の大小とほぼ比例します。

自分の工夫がアクセス数にどのように影響するのか、どういう記事を書けばアクセス数が増えるのか、これらを数値化して客観的に評価できるよう、Google アドセンスを利用している次第です。

回りくどい言い方をしましたが、つまり、お金が欲しいということです(笑)

今後の方針

広告掲載30日間停止の事実はどうしようもないため、30日間待つしかありません。

まず、今回掲載停止処分が下された理由は、何となくわかっているので、この期間中に対応する予定です。

次に、良質の記事を書くこと。

つまりデカバスを釣るということになります。こういうやつ。(笑)

湖西で釣ったブラックバス
【参考】夏のトップウォーターゲームで良型バス捕獲 2017年7月28日

あとは、ブログのデザインの見直し。ほぼ完成形だと考えていましたが、特に広告周りの表示方法を再度見直す必要がある気がしています。

また、ブログシステムの見直しも検討しています。

現在、当ブログは、Googleが提供する「Blogger(ブロガー)」という無料のブログサービスを利用していますが、「Wordpress(ワードプレス)」というブログシステムが非常に魅力的なので、移行を考え始めています。

アクセスしてくださった方に対して、何かを提供できるブログにしていくこと、これが全ての目標です。

釣れないブログ、下手くそ名人伝ではございますが、皆さまに笑いと感動を与えられるよう精進してまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。