リールについた傷を消す方法を紹介!紙やすりで磨いたらまぁまぁ綺麗になったよ

タックル情報・インプレ

16ヴァンキッシュについて傷

先日の北湖東岸釣行において、数センチの段差につまづき転倒した際に、愛用しているスピニングリール「シマノ 16ヴァンキッシュ」に傷が入ってしまいました。

デリケートで上品な紳士なので、私はこういう傷がすごく気になるんです。いい道具を使って楽しく釣りをしたいのに、リールに傷が入っているだけでテンションが下がります。

そこで、今回はこの傷をなんとかしてやろうと考え、挑戦してみました。

リールの傷の状況をまずは確認する

現状確認と言うことで、傷が入っている箇所をまずは確認。写真が綺麗に取れないので、想像してください。

  • ベールが若干ザラザラしている
  • ローターに数ミリの傷
  • ローターパネルにヘコミ傷、引っかき傷

この中でベールについて傷が致命的。ラインに傷が入る原因にもなってしまいますので、これは早期に対処しておく必要があります。

あとの二つは見た目だけの問題。気にしなければいいだけのはずなんですが、気になってしまいます。そして、気になってしまうと自分ではもう止められません。

とりあえず部品の値段を確認してみた

「困ったときはお金で解決」

いい言葉ですねー笑。まずはシマノのホームページで傷がついた部品の価格を確認してみました。

  • ベール 4,000円
  • ローター 4,000円
  • ローターパネル 800円

しめて、8,800円!これに交換工賃がかかってくるので、1万円オーバーは必至。普通にリール買えるがな。

一旦、お金で解決路線は後回し。

紙やすりで磨いてみる作戦

お手軽に傷を消すなら昔から紙やすりですね。素材や傷の入り具合にもよりますが、綺麗に傷が消えることもあるので、紙やすり作戦を展開してみました。

家の中に2000番の紙やすりがあったので、これを使ってみることにしました。

2000番の紙やすり

実はこの紙やすり、タイニークラッシュのリップを自作するために買った一品です。

自作したタイニークラッシュのリップ

昨年の夏ごろはリップがどこにも売っていなかったので、自作しようと考えていましたが、今はどこにでも売っているような状況。自作計画は凍結しました。

ローターパネルを磨いたら傷のデコボコが大分無くなった

では早速2000番の紙やすりで磨いてみます。紙やすりを水でよく濡らしてから、ローターパネルから磨き始めます。

最初は力を入れず、優しくなでる程度に磨きました。これだけでも傷周りのギザギザが取れていく感じ。少し力を入れて磨いていくと、傷のデコボコが少しずつ無くなっていきます。

「ええ感じやないか!!」

磨く前に比べると大分つるつるになりました。しかし、へっこみ傷が完全に消えることはありません。

これで妥協するのか!?

ベールを磨いたら下地が出ることも無くツルツルになったよ

次はベールを磨いてみました。ベールは金色ですが、磨くとどうなるのか?下地がでてきてしまうのでしょうか?

傷がついた16ヴァンキッシュのベール

こちらもまずは優しく磨くと、ザラザラが無くなっていきます。力を入れて磨くと、ゆびで触ってもザラザラ感がほぼ無くなりました。

張ったラインをベールにこすり付けても、ほとんど引っ掛かりません。少しだけ引っ掛かる感があるのは気にしない???

見た目に磨いた感が若干出ていますが、綺麗にツルツルになったようです。

これで妥協するのか!?

ローターを磨いたがコーティングがはがれてきたので中止

最後にローター部分を磨いてみました。

実は、以前15メタニウムDCの本体についた傷を布などで磨いたら、表面のコーティングが少しはがれて色があせてしまった経験があります。

この経験を活かし、今回はソフトに磨いていきます。

しかし、やっぱりだめです。ちょっと磨いただけで表面のコーティングが取れるようです。これはまずい。本体部分は磨かないほうが良さそうです。

傷を気にしなければ問題ない

まぁなんていうか、釣りをするのに支障がなければ、気にしなければいいだけなんですよね~。

とはいえ、気になる性格なんですよね~。

独身時代は車にちょっと傷が入ったりするだけで、テンション駄々下がりだったんですよね~。

車の中も綺麗にしていたので、車内飲食禁止だったんですよね~。

それが今となっては、車の中はもう無茶苦茶。

  • 子どもたちがばら撒いたポップコーンやビスケットの欠片がそこら中に散乱。
  • チョコレートがシートにこびりついている。
  • ガムがマットにくっついて取れない。
  • 窓ガラスに手跡が大量。
  • わけのわからんシールが窓ガラスに大量に貼ってある。
  • 洗車もほとんどしなくなったし、もうぼろぼろ。

そういうわけで、リールの傷が気にならなくなる時期が来るまで、しばらく静観することとします。

以上です。