シマノPEライン「タナトル4」は「カルカッタコンクエスト200」に何m巻けるか?

シマノPEライン「タナトル」とカルカッタコンクエスト200

先日購入した「シマノ カルカッタコンクエスト200」(キリッ)。

主に海釣り用として使用するため、PEラインを巻くことにしました。

選んだPEラインはシマノの激安PEライン「タナトル4」の2号。

さて、カルカッタコンクエスト200には何メートル巻くことができるのでしょうか?糸巻量の参考になると思いますので紹介します。

ずばり結論!「200メートル」巻けました

まずは結論から。

シマノPEライン「タナトル4」の2号はカルカッタコンクエスト200に「200メートル」巻くことができます。

今回は釣具屋店員に全てを託しラインを巻いてもらったので、どの程度のテンションで巻かれたのか分かりませんが、おおむね200mは巻くことができるようです。

一つの事例として、他のラインを巻くときの参考にしてください。

なぜタナトルを選んだのか?

ちなみに、なぜ数あるPEラインからタナトル4を選んだのかについて言及しておきます。

価格が安い

かつては高級ラインと言われたPEラインですが、このタナトルは2号300m巻きで2,000程度。安っ!

安かろう悪かろうではなく、品質も問題ありません。シマノ好きとしてはこれを買うしかない!(キリッ)。

そんな思いで選択しました。

カラーリングが玄人っぽい

淡色のPEラインではなく、長さで色が変わるカラーパターンのPEラインの方が、なんとなく玄人っぽくて格好よかったから。(笑)

シマノPEライン「タナトル」を巻いたカルカッタコンクエスト200

金色のカルカッタコンクエストが映える色使いですね。

ちなみにパッケージには船釣用と書いてありますが、このカラーパターンがあるのがその理由で、ショア(おかっぱり)でも問題なく使用することができる一品です。

残った100mはどうするか?

今回購入したのは300m巻き。200m巻いたので100m余ってしまいました。さてこれをどうするか?

ぶっちゃけ200m巻きましたが、実際に使用する長さはどんなに長くても100mまで。

よって、劣化が進行してきたら先端から100mを切除して、既に巻いてある100mを下巻き扱いにして、余った100mを接続して使う予定です。

安いPEラインといえど、無駄な糸がなるべく発生しないように使いたいものですね。

以上です。